読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるり鑑賞 Yururi Kansho

映画や海外ドラマ、たまに本の感想を基本ネタバレで

「ジャンゴ 繋がれざる者」 〜夕陽+ガンマン♪〜

映画 さ行

DJANGO01DJANGO02

公式サイト:http://www.sonypictures.jp/movies/djangounchained/

監督・脚本:クエンティン・タランティーノ
製作:ステイシー・シェア、レジナルド・ハドリン、ピラー・サヴォン
(2012年 アメリカ 165分)
原題:DJANGO UNCHAINED

※ネタバレ含みます。

【ストーリー】
南北戦争勃発直前のアメリカ南部、奴隷のジャンゴ(ジェイミー・フォックス)が、
元歯科医のキング・シュルツ(クリストフ・ヴァルツ)に銃の手ほどきを受け、
賞金稼ぎで荒稼ぎ! へんてこなコンビが涼しい顔して、お訪ね者を次々に殺しまくる。
ジャンゴの目的はただひとつ、彼の自由と妻ブルームヒルダを奪った白人に復讐し、
妻を取り戻すこと。(公式サイトより転記させていただきました)

オープニングから、レトロ!
1960〜70年代の西部劇、マカロニウエスタンを思い出すような懐かしがいっぱい。
クレジットのロゴデザインや色、使われてる曲なんかもその時代っぽいやや大げさな感じです。
映画マニアなタランティーノらしいですね。

ジェイミー・フォックスの主演映画は「路上のソリスト」(2009年)以来です。

主役のジャンゴ以上にCOOL!やったのは、キング・シュルツでした。
「イングロリアス・バスターズ」でのクリストフ・ヴァルツの印象が強かったので、
シュルツの良い人っぷりが、ちょっと意外でしたけど。
それだけに、もうちょっと彼を見ていたかった。
今回、クリストフ・ヴァルツは2度目のオスカー受賞ですね。

やっぱり、血しぶきドバーッというのはあるわけで、
そういうのが苦手な方は用心しながら見る方が良いかもしれません。
私も苦手なのですが、ギリギリ許容範囲でした。面白かったしね。ちょっと長いけど。

KKKの集団リンチ「怖いよ〜」と思っていたら、頭にかぶる袋の穴の開け方で揉めだして。。。。
まぬけ〜!このあたりがすごい面白かったです。やっぱり笑いがある映画ってよいなぁ。

ブルームヒルダを救出するためキャンディ(レオナルド・ディカプリオ)と接触するあたりから、
ジャンゴの行動にその都度ドキドキしてしまいました。いや、この緊張感もなかなか良かったけど。

あの憎たらしい執事スティーブン、サミュエル・L・ジャクソンやったんですね。
気づかなかった。

TOHOシネマズ梅田 にて鑑賞。