読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるり鑑賞 Yururi Kansho

映画や海外ドラマ、たまに本の感想を基本ネタバレで

Terence Trent D'Arby “dance little sister”

TiM3さんにサナンダ・マイトレイヤ(Sananda Maitreya)さんの話題をふっていただいたので、
さっそくそこに食いついてしまいました。

TTD(その当時はテレンス・トレント・ダービーという名前)は1987年にデビュー。
デビュー・アルバムの中で一番好きやったこの曲、YouTubeでHQ動画が上がってました〜。
いやぁー、こうやって当時の映像が何時でも見られるっていい時代やなぁ♪

http://www.youtube.com/watch?v=FcUmIRw0N5w

“wishing well”や“Sign your name”とつながりのあるストーリーなんでしょうか!?
時々ナルシスティックに感じてしまう映像やTTDのクネクネしたダンスが嫌いな私でも
(TTDのファンの方、ごめんなさい!)このビデオクリップは見て聴いて楽しい〜。

プリンスと同様、ミュージシャンとしての印象が強い彼ですが、シンガーとしても素晴らしいですね。
サム・クックの“A Change Is Gonna Come”をカヴァー。
http://www.youtube.com/watch?v=zwSBbfECfFk&NR=1

インエクセスに参加している当時の映像(1999年)。亡きマイケル・ハッチェンスとは
また一味違ってて、全く遜色ないんじゃないですか。良いです!
http://www.youtube.com/watch?v=Q95BcrV7af4&feature=related

現在サナンダはヨーロッパ(イタリア)を拠点に活動してる様ですね。彼のように
ハデさはなくてもずっとミュージシャンとして活動を続ける事の素晴らしさを思うとき、
ふと、MJの事を考えてしまいます。その特殊な状況が彼をがんじがらめにしてたんかなぁとか。

サナンダ・マイトレイヤの公式HPはこちら、My Spaceはこちらです。