読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるり鑑賞 Yururi Kansho

映画や海外ドラマ、たまに本の感想を基本ネタバレで

シャーロック・ホームズの冒険「犯人は二人」

TVドラマ(海外)

“SHERLOCK シャーロック”シリーズ3についての
予備知識を持ちたくない方は避けてください。

現在“SHERLOCK シャーロック”シリーズ3の第三話“His Last Vow”が撮影中です。
何日か前に、プロデューサーのsue vertueが、
Charles Augustus Magnussen(チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン)役を
Lars Mikkelsen(ラース・ミケルセン)が演じると明かしたばかりですが、
tumblr.にも撮影中のラース・ミケルセンの画像がチラホラ上がってきました。

lars Mikkelsen.jpg

ラース・ミケルセンは、マッツ・ミケルセンのお兄さんで、
マッツ主演の「誰がため」(2008年)にも出演されてたようです(私は未見ですが)。
画像を見る限り、非常に背の高い北欧らしい外見の方ですね。

“ミルヴァートン”という悪役、コナン・ドイルの原作では“恐喝者の王”とも呼ばれ、
ホームズに「他のどの殺人鬼もこの男以上には嫌悪感を覚えなかった」とまで言わせます。
ずる賢いけど俗っぽい人物という印象を私は持っています。
要するに、モリアーティのようなカリスマ性は無いのです。
そんな恐喝王がSHERLOCKでは、どんな風に描かれるのか興味が湧きます♪

シャーロック・ホームズの生還 新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)

シャーロック・ホームズの生還 新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)


グラナダ版のドラマ「犯人は二人」でミルヴァートンを演じたのは、最近では
映画「ハリー・ポッター」シリーズでお見かけする、Robert Hardy(ロバート・ハーディ)

↑短編なのに、グラナダ版では長編扱いで制作されています。
その分、話の流れがじっくりと丁寧に描かれていて、原作にはないシーンもあり、
いつもとはちょっと違うホームズが見られる楽しい一本です。

情報を聞き出すために、ミルヴァートンのメイドといい仲になるホームズ。
彼女にキスを迫られた時のセリフには、笑ってしまいました。
「僕が婚約したと聞いたら驚くかい」なんてワトソンに言ったりして。

ホームズの推理が全く役に立たない、いわば彼の汚点とも言える事件なのですが、
映像化されたこのドラマは、なかなか面白いと思います。
そういえば「名探偵ポアロ」でも、ポアロが不法侵入する話があったような。
ポアロの変装が可愛かったんですが、何の話だったか思い出せないのがモヤモヤする。。。。

貴族が必死に面目を保とうとする様とか、ホームズが身分の高い女性をやけに
丁重に扱っていたりとか、現代を生きる日本人の私から見ると
このヴィクトリア朝の話には、少々違和感を感じる事もあります。
貴族の奥様だからって、不倫してその代償を払わない人生なんて調子良すぎるし、
相手がどんな悪人でも、殺人という行為は許されてはいけないと思うのです。
卑劣な行為を繰り返していたミルヴァートンでさえ、少々気の毒に思えます。

そういう点でも、現代版ホームズの“SHERLOCK シャーロック”では、
ミルヴァートンと彼をとりまく世界が、どんな風に現代にマッチするように
描かれるのか、非常に楽しみです。ワクワクします。そして、待ち遠しい!