読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるり鑑賞 Yururi Kansho

映画や海外ドラマ、たまに本の感想を基本ネタバレで

「婚前特急」 〜アハハなドタバタコメディ〜

公式サイト:http://konzentokkyu.com/

konzen01

監督・脚本:前田弘二
脚本:高田亮
音楽:きだしゅんすけ
(2011年 日本)

※ネタバレ含みます。

【ストーリー】
24歳のOLチエ(吉高由里子)は今を楽しく生きるべく、時間を有効利用して5人の彼氏と付き合っていた。
結婚する気などさらさらないチエだったが、親友の結婚を機にたった一人の本当の相手を選ぶため、
彼氏5人の査定を始める。こうしてチエの本当の相手探しが始まったが…。
(シネマトゥデイより転記させていただきました)

さっき何気なくテレビをつけると、吉高由里子さんが出てはりました。
CMも含め最近何かと露出の多い彼女ですが、「蛇にピアス」は未見なので
主演映画を見るのは今回が初めて。
「転々」(2007年)や「重力ピエロ」(2009年)等で、脇役として良い存在感
出してるなぁというイメージがあります。

意図的なのかどうかわかりませんが、チエの後ろ姿から
彼女がどこかボーッと抜けてるキャラなのが見て取れます。
冒頭、駅のホームでミニトレンチコートのベルトの結び目が、背中でだらしなくタレ下がっていたり、
夜の一人歩きで、ひったくって下さいとばかりに指先でゆれてるハンドバックだったり。
そんな隙だらけなチエは、身勝手な性格でもなんかイヤなやつじゃないんですよね。

だいたいあの気持ち悪い田無を家に泊めてしまう、そんな彼女が計算高いとは
とても思えない〜。
田無役の浜野謙太さん、何故か憎めないキャラですがちょっとキモすぎるかな、うん。
吉高さんと浜野さんの掛け合いは、チグハグで噛み合わない可笑しさ。
この二人、部屋の壁を突き破り隣の部屋に侵入するという、
文字通りの“体当たり”な演技を見せてくれました。

隣の部屋の老女役は白川和子さんで、彼女独特のセリフ回しが良かったなぁ。
トーストに味噌汁という組み合わせの朝食が、なんだか昭和な感じで気になります。

テアトル梅田にて鑑賞。