読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるり鑑賞 Yururi Kansho

映画や海外ドラマ、たまに本の感想を基本ネタバレで

「塔の上のラプンツェル」 〜現代版ディズニープリンセスの王道〜

映画 た行

tangled01

公式サイト:http://www.disney.co.jp/movies/tounoue/音が出ます!

監督: バイロン・ハワード / ネイサン・グレノ
製作: ロイ・コンリ
音楽: アラン・メンケン
作詞: グレン・スレイター
(2010年 アメリカ)
原題:TANGLED

※ネタバレ含みます。

【ストーリー】
深い森に囲まれた高い塔の上から18年間一度も外に出たことがないラプンツェルは、
母親以外の人間に会ったこともなかった。
ある日、お尋ね者の大泥棒フリンが、追手を逃れて塔に侵入してくるが、
ラプンツェルの魔法の髪に捕らえられてしまう。
しかし、この偶然の出会いはラプンツェルの秘密を解き明かす冒険の始まりのきっかけとなり…。
(シネマトゥデイより転記させていただきました)

楽しかった♪ 

今は春休みの時期なんですよね。非常事態が続いているので、そんな事すっかり忘れていましたが。
コミカルなシーンでは、見ている子供達の笑い声が何度もして心が和みました。
実際観に来ていた人は大人の割合が高かった気がします。

残念なのは“字幕版”の上映が夜しか無いこと。
セリフの吹き替えはすごく良かったんですが(ショコタン上手い!)、
歌は、やっぱり原曲を聴きたいところです。(日本語の歌は何故か気持ちが萎えてしまう)

擬人化した生き物のキャラクターがすごく良くて、ラプンツェル親友・カメレオンのパスカルや
警護隊長の馬マキシマス等、彼等の存在によって楽しさや愉快さが増してます。
この辺りは、さすがディズニーが得意とするアニマルキャラやなぁと。

さらに、アヒルマークの酒場にたむろする荒くれ者達のキャラも良かったですね。
天使キャラのおっちゃんも、いい味出してます。

肝心な主要キャラクターは相変わらず品が感じられず、個人的には減点なんですが、
これは今さら言うまでもないかなという気もします。
ウォルト・ディズニー在世中のプリンセス達は繊細なタッチで描かれ、気品がありました。

snowwhiteandthe7dwarfsSleeping BeautyCinderella

リトル・マーメイド(1989年)以後のヒロイン達は、やたらと目が大きくて顔が美しくない。
大味で子供っぽい印象というか。

little marmaidbeauty and beastaladdin

ヒーローも同様です。今回プリンスを助けるフリン・ライダーも、鼻が長くて
なんとなくエイドリアン・ブロディ似です。(エイドリアン・ブロディは決して嫌いじゃないですが)
魔法にかけられて」のジェームズ・マースデン似くらいの方がまだ良かったかも?!
主要キャラクラーのデザインに関しては原点回帰を希望します。
昔と違ってて良いところは、ヒロインが自分の力で問題を解決しようとする姿勢ですね。
女が逞しくないと面白くないですから!

そんなこんなをマイナスしても、
背景画像の綺麗さとか(“眠れる森の美女”の背景画像のセンスには及びませんが)
にごりの無い単純なストーリー等で充分楽しめました。3D版でもう一度見てみたい気もします。
tangled02

なんばパークスシネマにて“通常・吹き替え版”を鑑賞。