読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるり鑑賞 Yururi Kansho

映画や海外ドラマ、たまに本の感想を基本ネタバレで

レミーのおいしいレストラン

映画 ら行

レミーのおいしいレストラン オリジナル・サウンドトラック レミーのおいしいレストラン オリジナル・サウンドトラック
サントラ (2007/07/25)
この商品の詳細を見る

日本語吹替版をなんばパークスシネマにて鑑賞。

【物語のはじまり】
優れた味覚を持つネズミのレミーは料理に夢中。
愛読書は今は亡き天才シェフ、グストーの料理書。
そんな彼がある日、たどりついた先は、パリ。
しかもグストーのレストランだった。

CGアニメのクオリティが素晴らしいですねぇ。
アニメーション的可愛さと、ひげや体毛等のリアルな描写が
両立しているキャラクター達。
料理については、リアルというよりは、
本物より美味しそうに描けているかもと思わせる出来映え。
パリの夜景もキレイでした〜。

リングイネの愚鈍なキャラクターはあまり好きになれなかったけど、
突然ギャルソンとしてテキパキと活躍するのが、唯一の救いかなぁ。
それと、個人的に吹替えはプロの声優さんが好きです。
あの吹き替えは、私のリングイネに対する好感度を
余計下げてしまった様な気がする。

印象深かったのは、レミーが「味」を表現するシーン。
味覚を視覚的に表現するのが面白かった。
そこらへんをもう少し広げて欲しかった様な気もしますね。

風刺をきかせたエピソードも結構あって、
小さいお子さんには理解できないのではないかと、反面、
大人だから面白いとも言えると思います。
どちらかというと、大人向けの作品の様に感じました。

ところで、夏野菜で手軽に作れるラタトゥイユは、
ヘビロテで我が家に登場する料理。
しかーし、映画に出てきた「それ」はみた目からしておしゃれで、
高級フランス店向きの一品。煮込みでない形状もあるのかと目からウロコ。
めっちゃおいしそうで、食べてみたくなりました。

オリジナルがフランス語だったら、字幕でもう一度
観てみたいのだけど、残念!

※今回のショートムービー(本編上映前の)面白かったよー。めちゃうけた!