ゆるり鑑賞 Yururi Kansho

映画や海外ドラマ、たまに本の感想を基本ネタバレで

「街の上で」 〜かつて存在した日常〜

f:id:YURURI:20210411085521j:plain

「街の上で」

公式サイト:https://machinouede.com/

脚本:今泉力哉
脚本・今泉力哉・大橋裕之
(2019年/日本/130分)

※ネタバレを含みます

【ストーリー】
下北沢の古着屋で働いている荒川青(あお)。青は基本的にひとりで行動している。たまにライブを見たり、行きつけの古本屋や飲み屋に行ったり。口数が多くもなく、少なくもなく。ただ生活圏は異常に狭いし、行動範囲も下北沢を出ない。事足りてしまうから。そんな青の日常生活に、ふと訪れる「自主映画への出演依頼」という非日常、また、いざ出演することにするまでの流れと、出てみたものの、それで何か変わったのかわからない数日間、またその過程で青が出会う女性たちを描いた物語。
(公式サイトより転記させていただきました)


最近見た日本映画の中でダントツに好き!


元々、煌びやかだったり派手な主人公や作品には、さほど惹かれる方ではないのですが。。。。

この主人公の地味っぷりが見事で(笑)

今泉監督の「愛がなんだ」のナカハラ青役でいい味だしてた若葉竜也さんが、今回の主人公・荒川青として帰ってきた感じもして、ちょっと嬉しい。

ビジュアルも含め(笑)ごくごく平凡な青に共感する人は、きっと多いだろうなぁ。
私は、この自然体でカッコつけてない感じがめっちゃ好きだわ。
そして、基本的に善良な人間ってのが大前提だと思う。


こんなふうに平凡な会話を楽しめる映画、続くコミカルな展開、そこだけはフランス映画っぽいなと思ったりして。
ラスト近くの道端でのやりとりは、ほんと楽しかったな。


普段から気になる役者さんがたくさん出てて、そこも得した気分だったし。

特に、出てくる女子がみんな個性的。
中でも中田青渚さんが「君が世界のはじまり」に引き続き、すごい存在感!
彼女のネイティブ関西弁、可愛らしいわ。


こんな風に、住んでる町の色々な場所に自分の居場所があるって、いいなぁ。
いきつけの食堂や酒場のマスターと顔見知りで言葉を交わす、なんて憧れるけどこれまで経験した事ない(悲)

フラッと訪れるライヴハウス、小さな箱での芝居、夜遅くまで空いてて一人で立ち寄れるバーなど、またしてもコロナ以前の世界への郷愁みたいなモノが湧き上がってしまったやないですか!
唯一、変わらないように思える古本屋の存在も、コロナ禍でなかなか商売を続けることが難しくなってきてるんじゃないのかなー?!


けど、悲観ばかりしてられない
新しい世界で、自分なりにイキイキと過ごす方法を模索していかなければ!

といいつつ、新しい人間関係をつくっていくのが難しい時代になってしまったのは、やっぱり寂しいですね。


テアトル梅田にて鑑賞

4月9日からの2週間、公開(大阪市内)の映画で気になるのは

f:id:YURURI:20210407142545j:plain

「ノマドランド」

地味だけど、ものすごく好き。
作り手の情熱を感じられる、しみじみといい映画だった。

元となったのは、ジェシカ・ブルーダーのノンフィクション「家を持たずにキャンピングカーで生活し、季節労働の現場を求めてさまよう現代の遊牧民『ノマド』を3年かけて取材・執筆した衝撃のルポタージュ」

この映画化権利を買ったフランシス・マクドーマンドが、
新鋭クロエ・ジャオに脚本と監督を依頼。

アメリカのように企業の利益が優先されて格差が拡大し続けている国では、多くの車上生活者が発生している。

俳優ではなく本物のノマドが多数出演しているせいか、フィクションとドキュメンタリーが融合したようなリアルな作品で引き込まれる。

たまに目にするスピーチなどから、マクドーマンドが撮ったなら社会的なテーマだろうなぁと予測はできたけど、決して難しくもないし悲壮感もない。
一種の清々しさと、限りなく自由な精神の匂いみたいなモノを感じる。

ここからノマド的思考を垣間見た気はしたのだけど、やっぱり私にはハードルが高い。
色々なモノや人に精神底にどっぷり依存してる今の私には、自分に置き換えてみることが難しいのが正直なところ。

それでも、近い将来もしかして、、、と思わないでもない。
自分の場合は家よりも、家族や職場、街に執着している感が強いので、家族と仕事を失ったらまさにこの主人公以上にうろたえてしまうと思う。

衰退の一途をたどり、もはや先進国とはいえない日本の状況を考えると、ノマド生活はもっと過酷なモノになると想像できる。
(住所がなくても雇用契約が成り立つアメリカが羨ましい)

フロンティアスピリッツのかけらもなく、安定思考でオタクな自分には、少しずつ訓練が必要かもしれない。

それにしても、目の前の広大な景色(砂漠とか海とか地平線とか)を見て、晴々とした気持ちになる人達が羨ましい。
私はむしろ不安や恐れの気持ちが先に立ってしまうので、そういった場所に一人で行く事を好まない。
精神的に自立できてないのが、そんなところにも現れているのかも、と思ったりします。

劇場で見ることをお勧めする、そんな映画です。

 

今週末からと、来週末から
大阪市内で公開される映画の中から
気になる作品をピックアップします。

 

続きを読む

3月26日からの2週間、公開(大阪市内)の映画で気になるのは

f:id:YURURI:20210327103704j:plain

今日はいい天気です!
今年は桜が早くから咲いていますが、我が家の盆栽桜も満開です。


今週末からと、来週末から
大阪市内で公開される映画の中から
気になる作品をピックアップします。

続きを読む

3月12日からの2週間、公開(大阪市内)の映画で気になるのは

3月のフレッシュギフトレッスン

f:id:YURURI:20210309173131j:plain

ホワイトと薄いイエローのスパイラルブーケ
春は可憐で優しい花が多くてワクワクする〜
スイートピーの主張しすぎない、ふんわりと優しい香りが良いのです。
家で過ごす時間が多い今、花に癒される。
そういえば今週は映画館行かなかったなぁ。


今週末からと、来週末から
大阪市内で公開される映画の中から
気になる作品をピックアップします。

続きを読む

2月26日からの2週間、公開(大阪市内)の映画で気になるのは

「世界で一番しあわせな食堂」

f:id:YURURI:20210224093307j:plain

ちょっといい映画だった。

ミカ組のヴェサ・マッティ・ロイリ他、出てくるオヤジ達がチャーミングで見ているだけで幸せな気分になる。
ストーリーは別にどうでもいい(笑)って言ったら叱られるかな?!
夏のフィンランドに行ってみたい気持ちと、本格的中華料理を食べたい気分になる映画


今週末からと、来週末から
大阪市内で公開される映画の中から
気になる作品をピックアップします。

続きを読む

2月11日からの2週間、公開(大阪市内)の映画で気になるのは

「花束みたいな恋をした」

f:id:YURURI:20210131134400j:plain

可愛い映画だったなぁ。

若さゆえって部分もあるけど、コミュ不足から生まれる、そんなすれ違いはいくつになってもあるよね。
あと、好みが似ている友達はたくさん欲しいけど、恋人や夫にそれを求める気はさらさら無い自分に気づいた
基本的な価値観の一致は必要かもしれないけど


今週末からと、来週末から
大阪市内で公開される映画の中から
気になる作品をピックアップします。
本日11日(木)は祝日なので、
一部今日から上映開始の作品もあります。

続きを読む

1月29日からの2週間、公開(大阪市内)の映画で気になるのは

f:id:YURURI:20210127115230j:plain

「私たちの青春、台湾」(シネ・ヌーヴォにて鑑賞)


台湾の社会運動「ひまわり学生運動」(2014年)に関わった学生二人の姿を描いています。
タイトルどおり、政治ではなく若者達の一時期(青春)に焦点を合わせたドキュメンタリーですね。

とはいえ、そう言い切れるほど単純ではなく、複雑な気分にさせられる映画です。

最初は、国を変えたいと行動を起こす若者たちに心動かされます。
特に中国人留学生ボーイーが、本国にいる家族と対立してまで台湾の社会運動に関わっていく姿に熱い何かを感じたのですが。。。

香港で後の「雨傘運動」のメンバー達(アグネスもいた)と交流する姿には、ガンバレ!と応援したくなる反面、
香港の現状を考えると残念で仕方ありません。

社会運動の光と影というか、やはり一筋縄ではいかない難しさも感じます。
ナショナリズムに傾いていく、そこにボーイーは疎外感を感じてしまいます。

そして後半、ちょっとビックリな展開が待ち受けてました。
大きなネタバレなので、詳しくは言えませんが。
映画を見る人の中には、過去の事とはいえこの人物を受け入れ難い(見ていて辛い)人もいるかもしれません。
特に、自身がそういった事で心の傷を負った経験がある人にとっては、この映画自体を生理的に否定しかねない事実が発覚します。

それ以上にビックリしたのは、監督が自分の思い込みをここまで露呈してしまうことでした。
これが計算だったら、逆にすごいけど。

監督の独りよがりな部分が、逆にドキュメンタリーとしてのリアリティを感じさせたのが皮肉でもあり、偶然の面白さを生み出していたと思います。

それでも、台湾の学生による社会運動は、大きな意味がありましたよね。
非暴力で組織力によって革命を起こす!
これって、日本でも十分に可能だと思うんだけど。。。。
あー、もどかしい

 

遅くなりましたが
今週末からと、来週末から
大阪市内で公開される映画の中から
気になる作品をピックアップします

続きを読む

1月15日からの2週間、公開(大阪市内)の映画で気になるのは

f:id:YURURI:20210109104629j:plain

「チャンシルさんには福が多いね」


また、見たい。大好きだわ、この感じ。
レスリー・チャンの幽霊とか出てくるし(笑)
小津やノーラン、クストリッツァなど、映画好きが喜ぶ小ネタが散りばめられてるのもいいな。


監督は、かつてホン・サンス監督の作品にもプロデューサーとして参加していたらしい。
なので、自らの経験に基づいた映画業界の裏話的要素もあるのかなぁと、その点でも楽しかった。


それにしても「はちどり」のキム・ボラ監督、「82年生まれ、キム・ジヨン」のキム・ドヨン監督をはじめ、ここのところ女性監督の作品が個人的に大当たり。
韓国映画界はすごいなぁ。


この映画を見ると、失われた日常というモノを思い知らされる気がする。

チャンシルさん、打ち込んでた仕事を失くしピンチなんだけどね。
心を許せる友達がいて、気遣ってくれる仲間や話の通じる大家さんもいて、これ以上ラッキーなことはないよね。
そういう人との繋がりは、私には宝物に思える。

そして、こんな風に友達と集まったり気軽に人と会えない世界に私たちは突入してしまったんだなぁ。
もう以前の生活に戻れないのなら、私たちは新しい生活様式に慣れていくしかないんだけど。
映画の中の世界が羨ましくて、個人的には少しセンチメンタルな気分になってしまった。


大変遅くなりましたが
今週末からと、来週末から
大阪市内で公開される映画の中から
気になる作品をピックアップします

続きを読む

1月1日からの2週間、公開(大阪市内)の映画で気になるのは

あけましておめでとうございます。

さて、昨年末最後に見たのはこの2本でした。

f:id:YURURI:20210102092043j:plain

f:id:YURURI:20210102092034j:plain

 

 f:id:YURURI:20210102092034j:plain

「レディ・トゥ・レディ」

『Shall we ダンス?』を思い出させる、社交ダンス映画だけど、女性同士の組み合わせというのが新しい
面白いし役者さんはみな良かったけど、日本映画にありがちなベタな脚本が少しだけ寒かった
でも、ラストの展開は好きです

 

f:id:YURURI:20210102092043j:plain

「声優夫婦の甘くない生活」

この時代、ロシアからイスラエルへ移り住んだ多くのユダヤ人達
60代で住み慣れたロシアから見知らぬ土地に移民として渡る気持ちは、なかなか理解しがたいけど
それだけ「約束の地」はユダヤ人にとって特別な場所なんだろうなぁ
そして、ロシアにも根深くあっただろう反ユダヤ主義というモノから逃れたい気持ちはわかる気がする

そんな背景を含め、ある意味やるせない映画だった
運命共同体ではあるが、そこにトキメキはない?!ような夫婦のリアルな姿
独りよがりな夫、現実逃避する妻
この二人が面白い

作品自体に、一世代前の人達の苦労と努力に感謝してる空気感があったなぁ
ブラックコメディだけど、なかなか深い映画だった
フェリーニ愛が半端ない(笑)


さて、遅くなりましたが
今週末からと、来週末から
大阪市内で公開される映画の中から
気になる作品をピックアップします

続きを読む

12月18日からの2週間、公開(大阪市内)の映画で気になるのは

f:id:YURURI:20201216124336j:plain

「パリのどこかで、あなたと」

久しぶりにきゅんきゅんした!

恋愛映画じゃなくて、自己肯定感の低い主人公二人が自分を取り戻すお話
”Love Yourself"が大事だよね、やっぱり

不器用で自信ない二人を見ていると、もどかしくて、ちょっと微笑ましくて

この二人が出演した前作「おかえり、ブルゴーニュへ」は正直さほど響かなかったけど、今回はどストライクでした。
セドリック・クラピッシュ監督の描く日常は、愛おしい


今週末からと、来週末から
大阪市内で公開される映画の中から
気になる作品をピックアップします

続きを読む