ゆるり鑑賞 Yururi Kansho

映画や海外ドラマ、たまに本の感想を基本ネタバレで

7月第2週・第3週から公開(大阪市内)の映画で気になるのは

f:id:YURURI:20190710154843j:plain

肉体的にも精神的にも、見ていて痛い映画だった。
バレリーナの主人公が繊細で、悩みを一人抱え込んでしまう様に胸が痛くなる。
残酷で意地悪な女の子達も登場するけど、あくまでも淡々とした作品のタッチは変わらない。
それにしても、弟の可愛さは反則だわ!

 

さて、今日を含めた今週末からと、来週末から大阪市内で上映される映画の中から気になる作品をピックアップしました。

続きを読む

「ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス」〜開かれた図書館とは〜

f:id:YURURI:20190625185059j:plain

公式サイト:http://moviola.jp/nypl/


監督・製作・編集:フレデリック・ワイズマン
製作総指揮:カレン・コニーチェク
撮影:ジョン・デイビー
205分/2017年/アメリカ
原題:Ex Libris: The New York Public Library

※ネタバレを含みます

【ストーリー】
荘厳なボザール様式建築によって観光名所としても名高い本館と、研究目的のために公開されている4つの研究図書館、そして地域に密着した88の分館を合わせた92の図書館のネットワークである「ニューヨーク公共図書館」のドキュメンタリー

 

頭がクリアな時に見るべき映画

205分は特別長いわけじゃないけど、ドーキンス博士のトークイベントに始まり幹部会議での言葉の応酬など、情報量が多くて結構頭が疲れる

けど、とても面白い
NYの人たちの置かれている環境や暮らしを、垣間見れた気がした
ドキュメンタリー好き、ワイズマンの作品好きなら、間違いなく見応えある作品だと思う

 

世の中には面倒な事は多いけれど、その面倒な事の一つ一つに対処していくことが必要だし、スタッフやボランティアの人達のアクレッシヴさには頭が下がる


結局人なんですよね、重要なのは
どう運用していくのかも考えずに箱物を作り続けていたバブル期の日本とは対極的
これだけ地域と深く関わっていく図書館なのか!と圧倒された
教育機関の役割も担っていて、教養のセイフティーネットのような存在と言えるかも

トランプ就任後、漠然と抱いていたアメリカに対する失望感が少し薄れたというか、民主主義の可能性をちょっと感じられた気がする

『コレラの時代の愛』の読書会、いいな〜。参加したい
夜に見に行ったのと疲れていたので、パティ・スミスが登場したあたりで少し意識が遠のいてしまったが残念

日本の図書館もこういう積極的に地域と関わっていくタイプの場所なら、もっと頻繁に訪れるかもしれないなぁと、超羨ましい
けど、これって図書館に限らず、公共施設が情報を自ら作って発信するにはどうしたら良いのかという問題かも
日本では、職員だけでなく市民側の意識も変える必要があるんじゃないかと思ったりする

ちなみに、今日図書館で借りた本はこちら

THE LAST GIRLーイスラム国に囚われ、闘い続ける女性の物語―

THE LAST GIRLーイスラム国に囚われ、闘い続ける女性の物語―

 

何やかんや、日頃から図書館にはお世話になってます

 

テアトル梅田にて鑑賞

6月第4週/7月第1週から公開(大阪市内)の映画で気になるのは

f:id:YURURI:20190626120509j:plain

「柄本家のゴドー」芝居の奥深さを垣間見たような気になる作品でした。やっぱり息子二人はまだまだだなっ! なんてね。

さて、明日から&来週末からの映画で気になる作品は何でしょうか

続きを読む

6月第2週/第3週から公開(大阪市内)の映画で気になるのは

f:id:YURURI:20190612085658j:plain

ディズニー実写版は個人的にハズレが多いけど、これは当たり!
ウィル・スミス、想像以上にジーニー役がハマってて
「ワイルド・ワイルド・ウエスト」以来、ピタッときた。
ナオミ・スコットの美しさと歌にも酔いしれました。
何も考えないから、何も残らないけど(笑)
128分は完全に現実逃避できたし、すごく楽しかった。

さて、明日から&来週末からの映画で気になる作品は何でしょうか

続きを読む

5月第5週/6月第1週から公開(大阪市内)の映画で気になるのは

f:id:YURURI:20190504134934j:plain

涼しげなクレマチスの色に夏らしさを感じます。

6月1日から、大手シネコンの一部で映画鑑賞料金が値上げされますね。
人件費などの運営コスト上、仕方がないのかなぁ。
ますます単館系の映画館を応援しなきゃ!とも思います。

さて、今日を含めた今週末&来週末から大阪市内で上映予定の映画、その中で気になる作品は、

続きを読む

5月第3週/第4週から公開(大阪市内)の映画で気になるのは

薔薇や芍薬など、華やかな花の季節ですね

f:id:YURURI:20190504110712j:plain

訪れた時はまだ五分咲き位だった石光寺の芍薬、今頃は満開になっているかな〜


さて、今週末&来週末から大阪市内で上映予定の映画、その中で気になる作品は

続きを読む

5月第1週/第2週から公開(大阪市内)の映画で気になるのは

f:id:YURURI:20190502101730j:plain

新梅田シティ「希望の壁」が春らしい景色になってきました

タニウツギも綺麗に咲いています

f:id:YURURI:20190502101731j:plain

 

ゴールデンウィーク真っ最中のこの時期、見たい映画もいっぱい
5月第1週&第2週から大阪市内で上映予定の映画、気になる作品だけピックアップします

続きを読む

4月第3週/第4週から公開(大阪市内)の映画で気になるのは

先日、シネ・リーブルで見た「荒野にて」

f:id:YURURI:20190417112103j:plain

少年に振り回され、少年にしてやられた122分
愛おしくて、哀しくて、腹が立って、ハラハラさせられ、祈るように見ていた。

子供の幼さと少年の逞しさを併せ持つチャーリー・プラマー、眼差しの演技が素晴らしい。

少年の孤独感がひしひしと伝わってくる。
愛を渇望する彼が出会った、一頭の馬=彼の希望だったのかな。
荒野の映像は美しく、その果てしなさは見る者を不安な気持ちにさせる。

独りよがりな行動は彼の無知や未熟さからではなく、もっと切実な気持ちから発生したんだなぁと、最後には彼を許したい気持ちになった。

それにしても、ブシェミに気がつかなかった私。。。。
しんどい映画だけど、もう一回見たい。

 

さて、今週末と、来週末から大阪市内で上映される映画をチェックしたいと思います。

続きを読む