読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるり鑑賞 Yururi Kansho

映画や海外ドラマ、たまに本の感想を基本ネタバレで

「神様メール」〜神様はきっとたくさんいる〜

f:id:YURURI:20160528231921j:plain

公式サイト:http://kamisama.asmik-ace.co.jp/
※音声が出ますのでご注意ください

監督・脚本:ジャコ・ヴァン・ドルマル
脚本:トーマス・グンズィグ
音楽:アン・ピエルレ
撮影:クリストフ・ボーカルヌ
(2015年 ベルギー/フランス/ルクセンブルグ 114分)
原題:LE TOUT NOUVEAU TESTAMENT

※ネタバレを含みます

【ストーリー】
神様(ブノワ・ポールヴールド)はブリュッセルのアパートに家族と一緒に住んでいて、パソコンでいたずらに世界を支配している。
ある日、神様の娘10歳のエア(ピリ・グロワーヌ)は人間に運命を縛られずに生きてほしいと思って、神様のパソコンから人々に余命を知らせるメールを送ったから、さあ大変!
(公式サイトより転記させていただきました)

先日観た「孤独のススメ」に引き続き、またしてもヘンテコな世界に心奪われました ♪
詩的な映像とはうらはらにブラックな笑いが盛り込まれ、キリスト教社会では結構あぶない映画かも、などと思います

「神様」はなんと、小汚いDVオヤジだったー
という一見荒唐無稽な設定ですが、ある意味すんなり納得できます

というのも、唯一絶対的な存在の神を信じること自体、すごい不自由な事なんじゃないかな〜と、私が普段から思ってるからなのですが
だから、あの気分次第で人間達の運命を弄ぶ暴君のような神もありえるなと思うわけです

そんなオヤジはさておき、娘であるエアの美しさと底知れぬパワーに癒されます
日本版のポスターがエアを中心に置いたモノなのは、当然といえばトーゼンですね

f:id:YURURI:20150715172848j:plain

神役のブノワ・ポールヴールドは日本では知名度低いし、オヤジ一人のポスターで観客を呼び込めないというのが本当の所だと思いますが

それにしても、ドルマル監督の映画が大手シネコンで上映されてるのはちょっと不思議です

母役のヨランド・モローは、フワフワした感じが「セラフィーヌの庭」(2008年)の延長みたいです

セラフィーヌの庭 [DVD]

セラフィーヌの庭 [DVD]

 

ただ、この優しい女神にまかせておくと重力さえなくなってしまいますから、采配はエアに任せたいところですが(笑)

マルティーヌ(カトリーヌ・ドヌーヴ)とゴリラが一目で恋に落ちるあたり、ゴリラ好き女子の方達ならまさに「妄想が映像化された!」と感じられるかもしれませんね。
そんな、どーでもいいようなエピソードの積み重ねですが、この可愛さ&清々しさはなんだろうな〜
ダメ神オヤジが人間界で散々な目に合うのも、笑えると同時にちょっとスッキリする

監督の前作「ミスター・ノーバディ」(2009年)は刺激的&その面白さにしばらく引きずられたけど、今回はもっと単純に楽しめる作品だと思います

ミスター・ノーバディ [DVD]

ミスター・ノーバディ [DVD]

 

 
そうそう、ジャン=クロード・ヴァン・ダムはベルギー出身だったんですね

TOHOシネマズ梅田にて鑑賞

 

【関連する記事】