読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるり鑑賞 Yururi Kansho

映画や海外ドラマ、たまに本の感想を基本ネタバレで

少しだけ 2015年のドラマ+本の振り返り

TVドラマ(海外)

2015年の振り返りーその2です。

英ドラマに関しては正直、昨年も一昨年とほぼ同じ作品しか見てなかった〜(汗)
6月にオックスフォードを訪れた為、「主任警部モース」と「ルイス警部」を予習・復習をかねて繰り返し見てたせいですね、はい。

 

そんな中、クランフォードは初めて見ることができたドラマで、とても面白くて何度も見たい作品になりました。
こういった悲喜劇が大好きなのですが、特に登場人物の描き方がステレオタイプでないところが素敵です。
イギリスのドラマを見ていてしみじみ思うのは、いい俳優達がそれぞれの仕事をしていて、作品に深みを与えているなぁという事でしょうか。

ギャスケルの原作「女だけの町―クランフォード」も、ドラマきっかけで久しぶりに読み返しました。


次に印象的だったドラマは「私立探偵ジャクソン・ブロディ」
話が重くなった2よりも、断然シリーズ1が好みです。
このドラマが面白かったので図書館で借りてみた本。

探偵ブロディの事件ファイル

探偵ブロディの事件ファイル

 

これはっ! ドラマよりもさらに面白い
すごく好みだったので、アトキンソンの他の本も読んでみました。

博物館の裏庭で (新潮クレスト・ブックス)

博物館の裏庭で (新潮クレスト・ブックス)

 

こちらは、読み応えもある大作です。
母の胎内にいるルビーによって語りはじめられる、四代にわたる物語。
二度の世界大戦を背景にかなり悲惨な物語展開でもあるのに、どことなくユーモラスなのです。
ただ、辻褄の合わない箇所が気になったので調べてみると、どうやら誤訳のようで、そこはちょっと残念ですが。

世界が終わるわけではなく (海外文学セレクション)

世界が終わるわけではなく (海外文学セレクション)

 

こちらも、不思議なタッチで面白い。

ケイト・アトキンソン、好きだわ!
日本では、おそらくこの3冊しか出版されてないのかな〜?

ドラマと本のリンクが楽しいのはもちろん、新しく作家さんを知るきっかけになるドラマに感謝!ですなぁ〜

 

【関連する記事】