読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるり鑑賞 Yururi Kansho

映画や海外ドラマ、たまに本の感想を基本ネタバレで

「ヴェルサイユの宮廷庭師」、「ベル&セバスチャン」と「ぼくらの家路」

お知らせ

諸事情で時間がないので、しばらく映画館に行けそうもありません。
上映中の映画に関する記事は、少しの間お休みさせていただきます。
その前に、直近に鑑賞した3本の感想をほんのちょこっとだけ。

 

f:id:YURURI:20151018220832j:plain

公式サイト:http://versailles-niwashi.jp/
※音声が出ますのでご注意ください

監督・共同脚本: アラン・リックマン
共同脚本:アリソン・ディーガン、ジェレミー・ブロック
製作:ゲイル・イーガン
撮影:エレン・クラス、ASC
美術:ジェームズ・メリフィールド
衣装:ジョーン・バーギン
ヘア&メイクアップ:イヴァナ・プリモラック
(2015年 イギリス製作 117分)
原題:A LITTLE CHAOS

※ネタバレを含みます

【ストーリー】
1682年、フランスの田園地方。心に傷を負い、ひとりで生きるサビーヌ・ド・バラ(ケイト・ウィンスレット)は、裕福とはほど遠いながら、造園家という天職を得て、樹木や土と格闘する日々を送っていた。
そんな彼女のもとに、時の国王ルイ14世(アラン・リックマン)からの書状が舞い込む。
(公式サイトより転記させていただきました)

「君と歩く道」で男くさい役を演じていた同じ俳優とは思えない程、マティアス・スーナールツが繊細でソフトな雰囲気を醸し出していて、好ましかったです。
ケイト・ウィンスレットもエネルギッシュでいいし、こういうコスチュームプレイって、やっぱりワクワクします。
個人的には、庭園ができる過程をもっと見たかったですけど。
フランスが舞台なのに、英国の俳優が英語で演じているので、それでなくてもリアリティのない物語がよけい嘘っぽいです(笑)
ストーリーは結構ベタな恋愛モノで、それなりに華やか

テアトル梅田にて鑑賞

ヴェルサイユの宮廷庭師 [DVD]

ヴェルサイユの宮廷庭師 [DVD]

 

 



f:id:YURURI:20151012231406j:plain

公式サイト:http://www.belleandsebastian.net/
※音声が出ますのでご注意ください

監督・脚本:ニコラ・ヴァニエ
原作:セシル・オーブリー
脚本:ジュリエット・サレ、ファビアン・スアレ
撮影:エリック・ギシャール
音楽:アルマン・アマール
主題歌:ZAZ
(2013年 フランス製作 99分)
原題:BELLE AND SEBASTIAN

※ネタバレを含みます

【ストーリー】
アルプスの麓の小さな村で暮らす孤児セバスチャン(フェリックス・ボッスエ)は、山で一匹の野犬と出会う。
家畜や人を襲う“野獣”と誤解され村人たちから命を狙われるその犬をベルと名付け、懸命に守るセバスチャン。
そして孤独なもの同士、心を通わせていく。
(公式サイトより転記させていただきました)

オープニングから息をのむような壮大な景観が映し出され、映画館で見る醍醐味有り。

f:id:YURURI:20151015224521j:plain

監督は、作家・探検家でもあるという事で、山を知り尽くしているんでしょうね。
映画としての深みは感じられないけれど、とにかくグレート・ピレニーズと少年が可愛くてたまらん(’笑)
センチメンタルな挿入歌がなかったら、もっと良かったんだけど。。。

シネ・リーブル梅田にて鑑賞

ベル&セバスチャン [DVD]

ベル&セバスチャン [DVD]

 

 



f:id:YURURI:20151015224524j:plain

公式サイト:http://bokuranoieji.com/
※音声が出ますのでご注意ください

監督・脚本:エドワード・ベルガー
脚本:ネル・ミュラー=ストフェン
製作:ヤン・クルーガー / レネ・ローマート
(2013年 ドイツ製作 103分)
原題:JACK

※ネタバレを含みます

【ストーリー】
10歳のジャック(イヴォ・ピッツカー)は、6歳になる弟のマヌエル(ゲオルグ・アームズ)の世話で毎日大忙し。
優しいけれど、まだ若いシングルマザーの母は、恋人との時間や夜遊びを優先していた。
ところが、ある事件からジャックは施設に預けられることになる。
友達もできず、施設になじめないジャック。
待ち続げた夏休みがようやく来るが、母から迎えが3日後になると電話が入る。
(公式サイトより転記させていただきました)

健気なジャックに胸が締め付けられる!
心地よいけれどなんか物足りなかった先の2作品に比べ、この映画は見ている間&その後も色々考えさせられました

ラスト、ジャックの決断がいや、もう、やるせないのです。

f:id:YURURI:20151015224523j:plain

そして、演じている子供がめちゃくちゃ上手い。
弟マヌエル役の子は演技というよりも自然体という感じで、これまた涙を誘う。

ちょっとダルデンヌ兄弟の映画を思い出す作風なんだけど、あそこまで厳しい環境という感じでもない。
二人の母親を始め、周りの大人もそう悪い人ではないんです。
それでも、しわ寄せは弱い子供にいってしまうのが世の常というか。
はぁ〜、せつない映画だ。

テアトル梅田にて鑑賞

ぼくらの家路 [DVD]

ぼくらの家路 [DVD]

 

 

 

【関連する記事】