読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるり鑑賞 Yururi Kansho

映画や海外ドラマ、たまに本の感想を基本ネタバレで

やっぱり公園が好き 〜2015年6月の旅行 その12〜

6月13日 ロンドン2日目

今日はノッティング・ヒルのポートベローで開かれる、土曜の骨董市に行く予定でした。  
が、相方の体調が今ひとつなので中止にし、のんびりと公園へでも行く事に。

Hyde Park(ハイド・パーク)は隣の Kensington Gardens(ケンジントン・ガーデンズ)と合わせると、その面積は625エーカー (2.5 km²)にもなるそうです。(Wikipedia によると)

f:id:YURURI:20150613182915j:plain

ロンドンの街中の公園なのに、とにかく広い!んです。リスもいます。

騎馬警官がさっそうと。 でも、馬に乗っているのは警官だけじゃない。  

f:id:YURURI:20150613103842j:plain

申し込めば、ハイド・パーク内で乗馬レッスンを受けられるようですよ。
この日も、女の子がポニーの乗っているのを見かけました。

Serpentine Lake 沿いにはカフェレストランもあり、のんびりできます。

f:id:YURURI:20150613105311j:plain

 

この日の午前中は風が強くて寒かったのが残念でしたが。

f:id:YURURI:20150613105923j:plain

年輪を感じさせる老夫婦の後ろ姿

ハイドパークを抜けたSouth Carriage Drive沿い所には、高級そうなマンションが。

f:id:YURURI:20150613110535j:plain


Knightsbridge を曲がり Knightsbridge Green という路地に入ったところには、素敵な帽子屋さんがありました。
この辺りは、なんとなくお洒落です。

Brompton Road 沿いに南へ行くと、Harrods(ハロッズ)が見えてきます。

f:id:YURURI:20150613111139j:plain

ここでは紅茶やチョコレート食料品などを物色しましたが、何も買わず。

トイレを拝借したついでに、Alexander McQueen のミニパドロックバッグを発見

f:id:YURURI:20150613192734j:plain

この形の小さなバッグを見るといつもウキウキします。

 

ハロッズを出て、もう少し南にある M&S Simply Food(マークス&スペンサーの食料品店)でお買い物。
お金のない私達は、やっぱりM&Sが大好きなのです☆
自宅用&お土産用の紅茶やお菓子などを買いました。
大好物のショート・ブレッド、お徳用の大袋が安くて美味しくて言う事無し!です。

再び公園に戻ります。
この日一番のお気に入りの場所はここ。
The Allotment in Kensington Gardens

f:id:YURURI:20150613205909j:plain

市民農園でしょうか。

ハーブや野菜が整然と植えられています。

f:id:YURURI:20150613125934j:plain

 

ベンチもあって、休憩できます。

f:id:YURURI:20150613130146j:plain

 

鶏が放し飼いで、元気いっぱいです。

f:id:YURURI:20150613130920j:plain

 

毎日やる事(To Do List)が黒板に書いてあったりします。

f:id:YURURI:20150613210916j:plain

なんだか、とてもなごむ場所でした。

公園内のギャラリーで、Duane Hanson(ドゥエイン・ハンソン)展をやってたので、寄り道しました。
本物と見間違うような、リアルな人間の彫刻

f:id:YURURI:20150711153544j:plain

(画像はThe Saatchi Galleryより引用)

どこかで見た気がする人達が、たくさん展示されてて面白かった。

そろそろ、この公園ともお別れ

f:id:YURURI:20150613131729j:plain

さほど広くないスペースでも、奥行きを感じさせるようなガーデニングデザインです。

f:id:YURURI:20150613131758j:plain


お腹がすいたので、近くにあるレストランを検索します。
Maximini Chinese Restaurant という中華のお店に行ってみる事に。
サンラータン、ミックスフライドライス、フライドベジタブルに中国茶で、だいたい5千円くらい。

f:id:YURURI:20150613134742j:plain

決して安くはないんですが、美味しかった〜
特に野菜炒めがシャキシャキで、シンプルな味つけがたまりません!
中華料理の偉大さをひしひしと感じます(←大げさ)

帰り道。

f:id:YURURI:20150613143514j:plain

ここら辺は、少し高級そうなアパートが多い。

f:id:YURURI:20150613132253j:plain


さて、午後は一人でお出かけです。

Charing Cross駅で降り Strand通りのPaperchase(ペーパーチェイス)へ
ここでは、ラッピングペーパーとシールを購入しました。
これで作ったお土産用の袋に、小分けしたTea bagなどを入れてお友達に渡します。

f:id:YURURI:20150621173200j:plain

こういうファンシーなモノも含めステーショナリーを扱うお店は居心地が良くて、旅先でも行きたくなります。

Trafalgar Square(トラファルガー広場)の横を通り過ぎ、The Mall という並木道を歩きます。

f:id:YURURI:20150614011152j:plain

このまま行くとバッキンガム宮殿ですが、途中で左手の St Jame's Park(セント・ジェームズ・パーク)へ入ります。
ここは、昨日行ったハイド・パークに比べると小さいのと、主要観光地のど真ん中にあるので、人の多さは否めません。
それでも公園は、やっぱりいいな〜

f:id:YURURI:20150613172031j:plain

昨日、ホームズ博物館へ行ったついでにリージェンツ・パークにも行っておいたら良かった、と後悔。

Sherlokの撮影に使われた中央にある橋をわたり、南へ抜けてBirdcage Walk へ

 

f:id:YURURI:20150614011716j:plain

さらに Westminster Bridge (ウエストミンスター橋)を目指し西へ。
しかし、このコースを選択したのは間違いでした。
ビッグ・ベンからウエストミンスター橋へと向かう界隈は、めちゃくちゃ人が多い!

私はここ ↓ へ行きたかっただけ

f:id:YURURI:20150613175442j:plain

New Scotland Yard(ロンドン警視庁)の2代目庁舎
ウエストミンスター橋手前を北に曲がると、赤煉瓦庁舎が見えてきました。
「名探偵ポアロ(Agatha Christie's Poirot)」の時代に登場する警視庁といえばコレ!

くるくると回サインが印象的な現在の警視庁は、まぁ別にいいかとパスしました。

f:id:YURURI:20150711154031j:plain

(画像はロンドン警視庁のサイトより引用)

テムズ川沿いは気持ちがいい。ベンチもあるので休憩をかねてのんびり。

右手には有名なLondon Eye(観覧車)

f:id:YURURI:20150614015812j:plain

旅の間、赤い電話ボックスを撮り忘れてたので、最後にここでパチリ

f:id:YURURI:20150613180621j:plain


Embankment からBakerloo Line に乗りホテルへ帰ります。
夕食用のサンドイッチ、ギリギリお店が閉まる直前に買えました。

f:id:YURURI:20150613183720j:plain

 

1日半のロンドン観光を終えて感じたことは、
「キューガーデン(Royal Botanic Gardens)に行けば良かった!」
ということ。
ここは丸一日かかるからちょっと敬遠してしまったんですが、他の事をやめても一番興味のある事を優先すべきだったかなぁと、ちょっと後悔しています。
またこの都市を訪れる機会があれば、必ず行くゾッ!

 

13へ続きます

 

【関連する記事】