読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるり鑑賞 Yururi Kansho

映画や海外ドラマ、たまに本の感想を基本ネタバレで

The Manor House Hotle のこと 〜2015年6月の旅行 その8〜

6月9日 続き(その2)

前回途中で力尽きてしまったので、少し補足しておきます。

ヒドコート・マナー・ガーデンを後にし、モートン・イン・マーシュへ。

f:id:YURURI:20150610081134j:plain

今日の宿はTHE MANOR HOUS HOTEL

f:id:YURURI:20150610101904j:plain

モートン・イン・マーシュのメインストリートは車も人も多い。
道沿いにはHotelが立ち並びますが、B&Bなどはあまりなさそうです。
鉄道の駅があり、コッツウォルズ観光の起点となる便利な場所ですが、
その分、田舎の素朴な雰囲気は期待できません。
この日は火曜日だったので、朝から大きな青空市が開かれていました。

f:id:YURURI:20150610004312j:plain

チェックインして部屋へ行くと、テディベアが迎えてくれました。
このベア、すぐに部屋の隅に追いやられるんですけどね(ごめんよ)。
そういえば、ティーセットに添えてある焼き菓子もここのが一番美味しかった。

f:id:YURURI:20150609174041j:plain

中庭が素敵なので、しばらく散策

f:id:YURURI:20150610014404j:plain

f:id:YURURI:20150609174446j:plain

f:id:YURURI:20150609174601j:plain

BiburyのThe Swan Hotel などと同系列のホテルのようです。


何か軽く食べようと、町をブラブラ

f:id:YURURI:20150610030152j:plain

店の前に貼り出してある、このメニューが目に留まりました。
せっかくイギリスに来たんだから、「パイ」を食べないと!

f:id:YURURI:20150610030122j:plain

1Fがパブで上がホテルになっている Redesdale Arms というお店です。

f:id:YURURI:20150610023709j:plain

すみません、また食べかけの写真になってしまいました(どんなけ、がっついてるんでしょう)
マッシュポテトでお腹がはちきれそうですが、ビーフ&ポークパイは美味しかったです。

 

f:id:YURURI:20150610082634j:plain

翌朝、ホテルの朝食は庭が見わたせる気持ちの良い席で

f:id:YURURI:20150610084309j:plain

ホットミールは色々選べたので、私はサーモン&スクランブルドエッグをチョイス

f:id:YURURI:20150610084257j:plain

相方は、エッグベネディクト。これは今ひとつでした

f:id:YURURI:20150610090944j:plain

ホテルの図書室
椅子の影から、ミスマープルがひょっこり顔をのぞかせそうな雰囲気があります。

f:id:YURURI:20150610091008j:plain

この時期でも、暖炉に火が入ってました。

今日は鉄道でオックスフォードへ移動です。

f:id:YURURI:20150610102038j:plain

駅前の売り家

f:id:YURURI:20150610102053j:plain

そのお隣は、バラの色がドアの赤とリンクして可愛いお家

コッツウォルズ、あまりにも日数が少な過ぎました。
田舎にはもっとゆっくりと滞在するべきですね。

オックスフォードへと続く

 

【関連する過去記事】