読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるり鑑賞 Yururi Kansho

映画や海外ドラマ、たまに本の感想を基本ネタバレで

3月最終週・4月第1週の上映作品(大阪市内)で気になるのは

日記

3月最終週&4月第1週に見たい映画を、取り急ぎメモ

 
【3月最終週】

「コーヒーをめぐる冒険」“OH BOY”
(シネ・リーブル梅田にて上映中)
ドイツ・アカデミー賞6部門(作品・監督・脚本・主演男優・
助演男優・音楽)受賞という映画。どうしたって気になる。
 
「17歳」“JEUNE & JOLIE”
(シネ・リーブル梅田にて上映中)
フランソワ・オゾンの最新作ですよー。

ドストエフスキーと愛に生きる」“Die Frau mit den 5 Elefanten”
(シネ・リーブル梅田にて上映中)
84歳の翻訳家スヴェトラーナについてのドキュメンタリー

「Best of チェコアニメ映画祭」
シネマート心斎橋にて上映中)
「選りすぐりの作品を一挙公開!」なんていうコピーに
めっぽう弱いのです(笑)

「セインツ –約束の果て–」“Ain't Them Bodies Saints”
シネマート心斎橋にて上映中)
ルーニー・マーラとケイシー・アフレック共演の悲劇的な愛の物語。
見ていて辛そうなので、時間があれば。


【4月第1週】

アデル、ブルーは熱い色 」“La vie d'Adèle – Chapitres 1 et 2”
シネマート心斎橋にて4月5日(土)より上映)
運命的に出会った女性同士の真っすぐな愛の物語。
おフランスの恋愛映画だし、上映時間179分だし、
体力温存して行かねば!


シネ・リーブル梅田に見たい映画が集中してるのは
梅田ガーデンシネマの後を引き継いだ分
上映作品数がグンと増えたからですね。