読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるり鑑賞 Yururi Kansho

映画や海外ドラマ、たまに本の感想を基本ネタバレで

2月第1週・第2週上映作品(大阪市内)で気になるモノ

日記

私事ですが、ここのところ肩こりからくる頭痛に悩まされいます。
が、「かぐや姫の物語」が終わってしまう前に!と映画館に行ってきました。
ジブリ作品は結構いつまででも上映してるので、
ついつい後回しになってしまうのですよね。

f:id:YURURI:20140126212447j:plain

公式サイト:http://kaguyahime-monogatari.jp

かぐや姫の物語」はいろんな点で素晴らしい映画だと感じました。
ラスト1/4がセンチメンタルで、少々退屈してしまったのですが。
そこを差し引いても、この映像は映画館で見て良かったと思わせてくれる
力があります。個人的には、田畑智子さん演じる女童が可愛くてツボでした♩

 


【2月第1週上映作品の中で気になる映画】

「鉄くず拾いの物語」EPIZODA U ZIVOTU BERACA ZELJEZA
(2013年 ボスニア・ヘルツェゴヴィナ=フランス=スロベニア

「メイジーの瞳」WHAT MAISIE KNEW
(2012年 アメリカ)
原作がヘンリー・ジェームズ なので、一応見ておきたい気持ち

アメリカン・ハッスルAMERICAN HUSTLE
(2013年 アメリカ)
初日1月31日(金)は1,000円! らしいです。

【2月第2週上映作品の中で気になる映画】

ブエノスアイレス恋愛事情」Medianeras
(2011年 アルゼンチン・スペイン・ドイツ)

「ラッシュ/プライドと友情」RUSH
(2013年 アメリカ・イギリス)
なんだかすごく前評判が良さそうです。

ところで、
シネ・ヌーヴォでは1月25日から「映画監督 清水宏」を特集しています。
公式サイト:http://www.cinenouveau.com/sakuhin/shimizu/shimizu.html

清水宏監督の作品、私自身は過去に「有りがたうさん」(1936年)と
「按摩と女」(1938年)だけ見ましたが、これがなかなか良い〜。
時間をつくって、足を運びたい気持ちです。

他に現在上映中で、これから見たい映画は

「森の中の淑女たち」THE COMPANY OF STRANGERS
1993年に岩波ホールで公開した、1990年カナダ制作の映画。

「さよなら、アドルフ」LORE
(2012年 オーストラリア・ドイツ)

「皇帝と公爵」LINHAS DE WELLINGTON
(2012年 フランス・ポルトガル

「エレニの帰郷」Trilogia II: I skoni tou hronou
(2008年 ギリシャ・ドイツ・カナダ・ロシア)

この中で、何本の作品と出逢うことができるでしょうか。楽しみです。