読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるり鑑賞 Yururi Kansho

映画や海外ドラマ、たまに本の感想を基本ネタバレで

フレンチ・フィーメイル・ニューウェーブ 1「ベルヴィル・トーキョー」

French Female.jpg

フレンチ・フィーメイル・ニューウェーブ公式サイト:http://mermaidfilms.co.jp/ffnw/

監督:エリーズ・ジラール
撮影:レナート・ベルタ
音楽:ベルトラン・ブルガラ
(2011年 フランス 75分)
原題:BELLEVILLE TOKYO

※ネタバレ含みます。

【作品紹介】
『わたしたちの宣戦布告』('11)で監督・主演二役を兼ね、
フランス映画界の新星として話題騒然のヴァレリー・ドンゼッリ主演作。
妊娠時期をシングルで過ごし情緒不安定な妻と、
父親になることをなかなか受け入れられない夫のすれ違いを
巧みな演出で描いた切ないラブストーリーは、監督の実体験をベースにしたもの。
ヨーロッパを代表する名キャメラマンレナート・ベルタ
硬質な映像でとらえられたパリの淋しい風景が心にしみる一本。
(公式サイトより転記させていただきました)

別に愛する女性がいると明かし、妊娠中の妻から離れて行く夫。
やがて、妻の元に帰って来た夫だったが、東京出張と嘘をついて
愛人とよりを戻していた。
と、まぁ大まかなストーリーはこんな感じです。

10代の頃にこの映画を見たら、このフラフラと責任感のない夫にイライラするだけで
終わっていたような気がします。
主人公の事も、なぜあの夫とはっきり縁を切らないんだろうという発想しかなかったかも。

けど、男女の間柄はそう白黒はっきりと割り切れるものじゃないですよね。
そういった妻の心の葛藤も感じられる余裕ができたのは、年を重ねたおかげかも。
映画って、やっぱり自分の心を映し出す鏡でもありますね。

ストーリそのものではなく、妻マリーの繊細な心の動きや彼女のファッションが見もの。
パリとその周辺をとらえたカメラも素敵です。

「わたしたちの宣戦布告」のヴァレリー・ドンゼッリとジェレミー・エルカイムが
ここでも夫婦を演じています。

梅田ガーデンシネマにて鑑賞。