読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるり鑑賞 Yururi Kansho

映画や海外ドラマ、たまに本の感想を基本ネタバレで

「新米刑事モース~オックスフォード事件簿~」またモースに会いたくなる

TVドラマ(海外)

過去にNHKBSやミステリチャンネルで放送していた

「主任警部モース」(Inspector Morse) 、そのモース警部の新米刑事時代を描いた

「新米刑事モース~オックスフォード事件簿~」(Endeavour)、

WOWOWで録画しておいた2話をやっと見ました。

WOWOW番組HP:http://www.wowow.co.jp/pg_info/detail/102592/

 

※ネタバレ含みます

 

「主任警部モース」でモースがひた隠しにしていたファーストネーム

Endeavour(エンデバー)を、ドラマのタイトルにしてしまうって大胆!と

思ったのと同時に、モースの若い頃が全く想像つかなかったんですが、

いや〜面白かったです。早く続きが見たい!

f:id:YURURI:20130326153441j:plain

 

 モースは自分のカンやひらめきに従って捜査するイメージが強かったのですが、

この若いモース(ややこしいので、以後は“エンデバー”で)は

どちらかというと地道に、小さな手がかりから事件を解決していきます。

 

モースを語る上で欠かせないキーワード、クロスワードパズルやワーグナー、

JAGUAR、そして女性(に惚れやすい)など、その辺りは

きっちり押さえられていました。

 

「主任警部モース」ではモースとルイスのコンビネーションが大きな魅力でしたが、

今作でエンデバーにはサーズデイ警部補という理想的な上司がいるのですよ。

いやぁ、こんな良い上司に恵まれていたんだったら、後で自分の部下のルイスに

もうちょっと優しくしてあげれば良いのになぁと思いました。

モースはルイスをこき使ってる印象が強いのですよ、私。

「小銭がない」とか言ってビールの支払いまでルイスにさせてたし(笑)

 

f:id:YURURI:20131001075855j:plain

サーズデイ警部補役のロジャー・アラムさんの声が大好きなので、

吹替えで見た後に英語音声で見直したのですが、

WOWOWってなぜか吹替えで放送するのが、残念です。

(本国放送分からカットされているシーンもあるようですし)

 

主役のモースを演じるのはショーン・エヴァンス(Shaun Evans)

出演作をIMDb(The Internet Movie Database)で調べると、

“Wreckers”(日本未公開作品)でベネディクト・カンバーバッチの弟役

だった人なんですね。

日本では2007年に公開された「華麗なる恋の舞台で」にトム役で出演していますが、

当時、稚ブログでは「トム役の人に今ひとつ魅力を感じられないのも残念」とか、

私書いてるし(笑) 若いのにおじいちゃん顔なのと、貧弱な感じがするので

男性的魅力で売るタイプの俳優さんではないと思うのですが、

エンデバー役にはなかなかはまってると思います。そしてもう愛着感じてます(笑)

f:id:YURURI:20131001075856j:plain

 

 「Case 1 華麗なる賭け」のラストでは、車のルームミラーを見るエンデバーの顔が

モースの顔に変わるあたり、そう違和感はなかったし、ドキッとしました。

エンデバーが年を重ねて太ったらもしかして、ああなるかもと。

ショーン・エヴァンスの瞳の色はモース役のジョン・ソウと似てますしね。

 

そして、モースと同じエンディング曲が流れ、ジーンときてしまいました。

原作者のデクスター自身がコンサルタントを務めていると、どこかで

目にしたのでですが、今作品は「主任警部モース」のファンもグッとくる

仕上がりになっていると思います。

 

Case 2では、将来のモースの上司ストレンジ警視正(この作品では巡査?)が

登場し、これからの二人の関係性も楽しみ。

 

11月には、Case3~Case5がWOWOWで放送される事も決まったみたいです。

「モース警部」のスピンオフといえば以前からチャンネル銀河で放送されている

「オックスフォードミステリー ルイス警部」があるんですが、こちらは未見。

モース熱が高まったこの機会に、銀河にも加入しようかなーと思案中。

 

【関連する記事】