読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるり鑑賞 Yururi Kansho

映画や海外ドラマ、たまに本の感想を基本ネタバレで

「気狂いピエロの決闘」 〜三大映画祭週間2012 その2〜

映画 か行

三大映画祭週間2012:http://sandaifestival.jp/index.html

監督:アレックス・デ・ラ・イグレシア
出演:カルロス・アレセス、アントニオ・デ・ラ・トレ、カロリーナ・バング
2010年/スペイン・フランス/シネマスコープ/107分
原題:Balada Triste de Trompeta 英題:The Last Circus

※ネタバレ含みます。

【ストーリー】
檻に入れられた猿が暴れまわる中、外では人と人とが殺し合う
狂気のサーカスが繰り広げられていた。―スペイン内戦。
無理やり共和国側に参加させられた“がらくたピエロ”は、
ナタを振り回し国民軍を次々と残虐に殺していった。ピエロの衣装のまま…
長い月日が過ぎ、時はフランコ総統時代。“がらくたのピエロ”の息子ハビエルは
サーカス団で“泣き虫ピエロ”として働き始める。
(公式サイトより転記させていただきました)

いやー、こんなスプラッターものとは知らなかった。かなりグロいです。
何度も、指の隙間から覗き見しましたよ。(って、結局みてるんですけど)
苦手な人にはちょっとキツいかも。けっこう奇天烈でカルト映画っぽい印象です。

スペイン内戦時、共和国派(人民戦線)の兵士として無理やり徴集されたピエロが
その衣装のままに人を次々と殺していきます。
その後、内戦に勝利した反乱軍側(フランコ側)につかまったピエロは、
なぜか息子に「復讐せよ」とささやくのです。まさに狂気から始まる物語です。

その息子ハビエルは成長し、泣き虫ピエロとしてあるサーカス団に雇われます。
そこで彼は、曲芸師のナタリアに一目ぼれしてしまいます。
しかしナタリアはハビエルのボスでもあるサーカスの人気者、
ピエロのセルジオのものだったのです。あぁ、なんかこの展開まずい感じですよね。

しかも、セルジオは乱暴者で酒を飲んではナタリアを虐待しているのです。
サーカスそのものを支えているという事実から、周りも彼の言いなりです。

しかしある意味ピュア(?)なハビエルは、後先考えずにセルジオを襲います。
サーカスの独裁者でもあるセルジオ=独裁者フランコという構図になっているのかもしれません。
ここで生き残るセルジオもすごいけど、猟犬になったハビエルにもビックリしましたよ。

ここからハビエルは殺人者として変身するのですが、ピエロの顔をつくるために
顔にアイロンあてるシーンは、キツかったです。この発想ってどうよ?!

結局、暴力に対して暴力で向かっていってもむなしいだけというのは良くわかります。
ナタリアもさすがにあの高さからぶら下がったら、無事ではいられないですよね。
というかグギッて痛い音してたし、ハァー最後まで疲れた。
奇想天外なスプラッター映画としては、面白い作品だと思います。

シネ・リーブル梅田にて鑑賞。