読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるり鑑賞 Yururi Kansho

映画や海外ドラマ、たまに本の感想を基本ネタバレで

「この愛のために撃て」 〜小粒でピリリなアクションもの〜

映画 か行

PORTANT

公式サイト:http://konoai-ute.com/音が出ます!

監督・脚本:フレッド・カヴァイエ
脚本:ギョーム・ルマン
撮影:アラン・デュプランティエ
編集:バンジャマン・ヴェイユ
音楽:クラウス・バデルト
(2010年 フランス作品 85分)
原題:A BOUT PORTANT

※ネタバレ含みます。

【作品について】
長編デビュー作『すべて彼女のために』で注目を集めたフランスの俊英、
フレッド・カヴァイエ監督によるサスペンス・アクション。
(シネマトゥデイより転記させていただきました)

面白かった。
アクション映画は苦手なんですけど、これは私でも楽しめました。

冒頭、命を狙われる男の登場。どうやら痛手を負っているらしい。
最初から、緊張感・スピード感のある展開。
キャラクターの個性がハッキリしているので、見ていてわかりやすいし。

嵌められる男サルテのクールさは、どことなく「リミッツ・オブ・コントロール」の“男”を彷彿させます。
カッコ良いわ〜。
主人公サミュエルは、ちょっと笑えました。妻とやっと再会した時の唾の飛び具合からして、
めちゃ必死な感じが出てたし。
上の二人と悪役ヴェルネール役の方は、どこかで見た気がするので、
フランス映画では、おなじみの俳優さん達なんでしょうね。

あと、エゲツナ〜!と思ったのが、妻ナディアを監禁していた女性刑事のキャラ。
ナディアが可愛いからか、夫からすごく愛されているからか、妊婦だからか、
その原因はよくわかりませんが、ナディアに対して憎悪を剥き出しにする、
ものすごく憎たらしい役ですね。ちょっと極端やけど、彼女のおかげで盛り上がりました。

メトロ構内での撮影シーンは迫力があって、手に汗握ります。
「瞳の奥の秘密」での、サッカー場で犯人を追い詰める長回しのシーンをチラッと思い出しました。

フレッド・カヴァイエ監督のデビュー作「すべて彼女のために」(08)はポール・ハギス監督、
ラッセル・クロウ主演「スリーデイズ」としてハリウッドリメイクされたんですね。へぇ〜。
この作品も将来、リメイクされるんでしょうか。
アメリカで作られたとして、このエスプリのきいた感じが生かされるのかな?

どことなく漂うB級作品的ムードもご愛嬌デス。

梅田ガーデンシネマにて鑑賞。
 
【関連する記事】yururi.hatenadiary.jp