ゆるり鑑賞 Yururi Kansho

映画や海外ドラマ、たまに本の感想を基本ネタバレで

マイケル・ジャクソンという存在

明日8月29日はマイケル・ジャクソンの誕生日。
私事ですが、mixiのコミュニティ内で「10000マイコー開催中!」という
イベントに参加しておりまして、マイケルの誕生日を前に少々長くはなりますが
彼について記しておきたいと思います。

上手く言えないけど、マイケルは私を複雑な気分にさせる存在でした。
けれども私にとって唯一無二な存在であるという事を、
哀しいことに彼の死に直面して気が付いたわけなんですね。

私自身、マイケルの熱狂的なファンとはちょっと違うんですが
(彼の全てが好き!なんて事は思わないし)、
その歌とパフォーマンスは感動せずにはいられません。
なんつーか、やっぱり魂がゆさぶられる程の歌を歌える人って
そうはいないんですよね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1970年代後半、ブラックミュージックの番組「ソウルトレイン」
(JUN&ROPEの提供やったと思う)を初めて見た時の
カルチャーショックは忘れられません。
特に番組の最後で、ダンサー達が二人ずつ披露するダンスのカッコ良さったら!
ブラックピープルって、なんていうリズム感を持った人たちなんだろっと毎回タメ息。

Chic や Earth, Wind & Fire、Heatwave、The EMOTIONS 等、その頃の
ファンキーな音楽は今聴いてもすごく楽しい。
The Jacksons の“Blame It On The Boogie”もその頃のお気に入りの一曲。

http://www.youtube.com/watch?v=vjW1iq4IO2k

DestinyDestiny
(2008/02/01)
The Jacksons

商品詳細を見る

マイケルのソロアルバム「オフ・ザ・ウォール」もその延長という感じで
とらえてたけど、今また聴くと、やっぱり秀逸。

オフ・ザ・ウォールオフ・ザ・ウォール
(2001/10/31)
マイケル・ジャクソンクインシー・ジョーンズ

商品詳細を見る

彼自身が作った曲もすごくいいし、“ROCK WITH YOU”(R.テンバートン)や
“I Can't Help It”(スティービー・ワンダー)なんか時代性も含めて
永久保存&ずっと聴きたい曲。

歌い出しの「ガール〜」がたまりましぇーん!

http://www.youtube.com/watch?v=sQG4xCeHlj0

  • - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -- -

マイケルの印象がガラッと変わったのは「Billie Jean」のミュージックビデオ
(この頃は未だショートフィルムという言葉は聞いた事なかった)。
それまでのアフロアメリカンといえば、アフロヘアにハデハデファッション
だったのに、レザージャケット&パンツにピンクのシャツという彼のいでたち。
そして袖をたくしあげるポーズや、例のつま先立ち。
このオシャレ感はいったい?? ミステリアスな映像と共に強い印象が残った。

http://www.youtube.com/watch?v=_fHoDWc22B0

最近よく記事で「ビリー・ジーン」がMTV上、黒人ミュージシャンとして
初めて放映された楽曲というのを見ますが、全くそんな事知りませんでした。
こちら側は人種の違いなんて意識しないで「ベストヒットUSA」見てますからねぇ。
話が脱線しますが、当時小林克也さんのこの番組、楽しみに見てましたよ〜。
大好きなクィーンのビデオを初めて見た時は、画像が動いてる!(当たり前)と
めちゃ興奮したのを覚えてます。

強烈な印象を残した“Billie Jean”が収録されているアルバム「スリラー」。
“Thriller”や“Beat It”は、マイケルをほとんど知らない人でも
一度は聴いたことはがある位有名な曲ですね。
(私個人の好みで言うとこの2曲、あまり好きじゃないんですが。)

スリラースリラー
(2001/10/31)
マイケル・ジャクソンクインシー・ジョーンズ

商品詳細を見る

このアルバム、“Wanna Be Startin' Somethin'”“Human Nature”
“P.Y.T.”等、ステキな曲が満載。中でも“The Lady In My Life”が大好き。
ロディアスで甘酸っぱい様なバラードが好きな人にはお勧めです。
それまでにR.テンバートンが提供した曲の中でも“ROCK WITH YOU”と
甲乙つけがたい程ツボにはまった一曲ですね。

http://www.youtube.com/watch?v=q1XVkLiPseM

先日MTVで放送された2009BETアワード、マイケルへのトリビュートでNe-Yoが
この曲を歌ってました。彼に対するNe-Yoの思いが伝わってきて感動。。。。

  • - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -- -

次のアルバム「バッド」なんですが、イントロ聴いただけでワクワクする
“Another Part Of Me”や名曲“Man In The Mirror”が収録されています。

http://www.youtube.com/watch?v=pbzMsIcp6fI

バッドバッド
(2001/10/31)
マイケル・ジャクソンクインシー・ジョーンズ

商品詳細を見る

また他にも良い曲が色々入っているにもかかわらず、個人的な好みから
はずれてたからか、あまり聴きこんだ印象はありません。
ハードな曲の印象が抜きん出て強く感じられるせいかな。
アルバムタイトル曲でもある“Bad”が苦手だったからかも。

実は、このころすでにすっかりマイケル離れしてまして、
ザ・キュアーエコー&ザ・バニーメン等イギリスのいわゆる
ニューウェーヴバンドばっかり聴いてた私です。

ちょっと遡って“We Are The World ”(USA for AFRICA)に関しても、
先行の BANDAID の“Do They Know It's Christmas?”の方が
断然かっこいいし歌詞も洒落てる、などとイギリス贔屓の私は感じてしまったり。

一つには、歌詞がストレートすぎてちょっと。。。なんて思ったんですよね。
今ならわかるんですけど、マイケルってある意味ピュアでまっすぐこちらに
メッセージをぶつけてくるんです。
それが、私みたいにひねくれてる人間には素直に受け取る事ができないんですよね。
もう少し遠まわしに表現したらとか、さりげない感じにできないもんかなぁとか
感じてしまうところがある。

こちらも若かったんで、音楽と関係ないところにもかっこ良さを求めてたんですね。
特に、1980年代後半から1990年代にかけてガンズ・アンド・ローゼズ
ニルヴァーナといったバンドが出てきた時代は、マイケルの着飾った感じの
ファッションはなんだか気分じゃないし、恥ずかしかったんです。
(基本彼が好きなんで、格好良くいて欲しいわけですよー)

今振り返ると、マイケルの個性的なスタイルはいかにもスター!って感じ。
独自のスタイルを持ってるって事がいいと思うんだけど、当時はそんな
長いスパンで見てないもんで、失礼いたしました。

音楽面でも1990年代からレニー・クラビッツに夢中だったしなぁ。
ローリン・ヒルフージーズ)が出てきたり、
SOUL II SOUL とかジャミロクワイとか、カッコイイグループが目白押し。
ポップなイメージのマイケルは完全に私の意識の下に沈んでしまいました。
あまりにもポピュラーなものをバカにしてしまうという、とんでもない偏見の
持ち主だったんですね、私は。ほんと、もったいない事してたわぁ。

  • - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -- -

「バッド」の次は「デンジャラス」ですが、このあたりから
マイケルの曲をアルバムを通して聴く事がなくなってましたね。
これ以降のアルバムを全て聴いたのは彼が亡くなった後です。

「デンジャラス」はプロデューサー、テディ・ライリーのビートというか
リズム感がものすごく表に出たアルバムだとか、
「ヒストリー」はめちゃいい曲が入ってるけど、アルバムとして
どうなんだろうとか色々感想はありますが、そこんところはおいといて。

一番しっくりくるのは「インヴィンシブル」です。

インヴィンシブルインヴィンシブル
(2001/10/29)
マイケル・ジャクソン

商品詳細を見る

でも、このアルバムj16曲も入ってるんです。
レコード世代にはちょっと長すぎます。すんません。
前半は特に好きです。
“Heaven Can Wait”や“Butterflies”はヘビロテしてしまう。

http://www.youtube.com/watch?v=Y_myPklSHZg

http://www.youtube.com/watch?v=zAa7z5QdL4M

  • - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -- -

また、マイケルのダンスパフォーマンスの素晴らしさについては
生前はほんの一部しか知らなかったんだなと思い知らされました。

モータウン25周年記念」でのビリー・ジーンのパフォーマンスだけは
見たことありましたが、映画「ムーンウォーカー」からの
「スムース・クリミナル」や、1995年MTVミュージックアワードでの
「デンジャラス」等は、言葉で表現できない!ので動画どうぞ。

http://www.youtube.com/watch?v=e5Ajr6sVI2s&feature=player_embedded

上の3つが収録されているDVDをまず一番に買ったのは言うまでもありません。

ヒストリー・オン・フィルム VOLUME II [DVD]ヒストリー・オン・フィルム VOLUME II [DVD]
(2005/12/07)
マイケル・ジャクソンジャネット・ジャクソン

商品詳細を見る

ぶっちゃけて言うと、この中の「ユー・アー・ノット・アローン」の映像は
唯一生理的に嫌い。。。が、「ブラッド・オン・ザ・ダンスフロア」での
ラテンなマイケルに、すっかりはまってしまった私です。
めちゃタイプの曲なので、収録されてるリミックスアルバムも買ってしまいました。

http://www.youtube.com/watch?v=Slr6Nz5b44I

また、曲自体も大好きな「ストレンジャー・イン・モスクワ」は
その映像とあわせて見る事で別世界に飛んでいけます。
マイケルはほんとにいい曲つくるね。

http://www.youtube.com/watch?v=IqZvsUbQKxQ

で、密度がめちゃくちゃ濃くて、かなり楽しめる1枚です。

次に、ライヴ映像でのマイケルは想像以上です。

You Tube 等の動画で見る Bad Tour が一番好きかも。
君は輝いてるよ!!マイケル

http://www.youtube.com/watch?v=COtOawdjc0I&feature=player_embedded

で、唯一の公式ライブDVD「ライヴ・イン・ブカレスト」もすぐに購入。

ライヴ・イン・ブカレスト [DVD]ライヴ・イン・ブカレスト [DVD]
(2005/12/07)
マイケル・ジャクソン

商品詳細を見る

ちょっと客席写し過ぎで、肝心のマイケルのパフォーマンスが途切れるやんっ
と文句いいつつも、すごくいいんだなぁ。
個人的好みでは、「スタート・サムシング」のノリが最高に楽しい。

他のほとんどのDVDも買ってしまった私ですが、
もちろんDVD化されていない映像も多々ある訳で、
毎日寝不足になる位、パソコンの前で動画に釘付けな状態。

結局、最後のワールドツアーとなってしまった History Tour に魅せられ、
「フーズ・ラヴィング・ユー」(スモーキー・ロビンソン)を歌うチビマイケルに感動し、
ソウル・トレインにゲスト出演した(ソウル・トレインは基本レコードからの
音源ですが)時の映像を懐かしんでいます。

最近のお気に入りは「The Jacksons Variety Show」(ジャクソンズがメインの
TVショー)です。この番組でマイケルは、フレッド・アステアばりの
タップダンス(素晴らしい!)を披露したり、ウエスタンショーで華麗に踊ったりと、
後々のパフォーマンスの片鱗をうかがわせます。

マイケル自身が、後にこの番組のことを恥ずかしく思っていると
何かで読んで、残念に思いました。
(コメディショーなので、バカバカしいコントとかもやってるんからかなぁ)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

それにしても、マイケルの何にこんなに引き付けられるんだろうと考えた時、
音程の確実さとかリズムのとらえ方の確かさ等、歌がうまいのは当然なんやけど、
やっぱりその「声」でしょうか。そして小さい時から、その表現力が桁外れ。

いろんな側面をもつ「声」には一種の中毒性というか、こちらを引き付けて離さない何かがある。

ダンスについては、美しいポーズの連続の様な動きに「品」があるという事が
大きいと思う。たとえば、他のもっと上手いダンサーが横で同じ動きをしていても、
華はあっても品が感じられなかったり。
NHKBSの「熱中夜話」でもどなたかが語られてましたが、
股間を強調した動きにさえ品があるというのはマイケルならではじゃないでしょうか。

その声、動き、そしてルックスの何にある中世的な魅力という部分も大きいですね。

彼の作った曲を彼が演じる。魅了されるとは、まさにこういう事なんやなぁと
感じる瞬間。

数多くのチャリティ活動を行い、サポートした団体数が39というギネス記録も持つ
マイケル。ノーベル平和賞に2度ノミネートされたにもかかわらず、
彼ほどマスコミに叩かれた人を他には知らない。

無実とはわかっていても、その無防備な言動にヒヤヒヤさせられた(勝手にですが)。
高額なファンの集いを開いたり、それってどうなん?と感じた時もあったけど、
周りの取り巻きが良くなかったのかなぁ。
スーパースターやのに、いつまでも心配かける弟(年上やのに!)みたいな
雰囲気があるマイケルってやっぱり不思議な存在やった。

と、なんだかんだ言っても始まらない。
その音を耳で聞き、パフォーマンスを目で見て、
あとは感じるものがあるかどうかなんですよね。

数ある未発表曲(レニーとつくった曲もぜひ!)の発売も今後期待されるし、
近いところでは10月に公開される「THIS IS IT」も楽しみ。
マイケルはこれからも、いろんなところで影響を与えていくんでしょうね。
ありがとうマイケル!

http://www.youtube.com/watch?v=pyRa_ygq1nc&feature=player_embedded