読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるり鑑賞 Yururi Kansho

映画や海外ドラマ、たまに本の感想を基本ネタバレで

ロシュフォールの恋人たち デジタルリマスター版

映画 ら行

ロシュフォールの恋人たち [DVD]ロシュフォールの恋人たち [DVD]
(1998/12/24)
カトリーヌ・ドヌーブフランソワーズ・ドルレアック

商品詳細を見る

監督・脚本・作詞:ジャック・ドゥミ 音楽・作曲:ミシェル・ルグラン
原題:LES DEMOISELLES DE ROCHEFORT
(1966年 フランス)

いやー、やっと映画館でこの作品を観る事ができてよかったぁ。
初めてTVでこのミュージカルを観た時は軽いショーゲキを受けました。
私にとってミュージカルとは、リアリティのかけらもなく白々しい展開が
馴染めないモノだったんですよね。
たとえば、いくらジーン・ケリーの踊りが素晴らしくても、
セリフの途中でいきなり歌いだすってどうよ、てな感じで。
(といいつつ「雨に唄えば」大好きなんですけど)

この映画では逆にそれがいいんですよねー。
セリフの途中で歌が始まるのも、またセリフに戻るのも。
そして、楽器店の中でいきなりフランソワーズ・ドルレアック
ジーン・ケリーが踊り出しても。
現実感のなさを意識して作ってる感じが、
ある意味アホらしい(!)と思わせる部分を突き抜けてしまってて
すごくミュージカルという手法が活きてる気がします。
それまで見た映画の、リアリティを感じさせる部分を作ろうとするがゆえに
かえって白々しくなるみたいな感じが、この作品には無い。

スクリーンで観ると、その楽しさはやはり想像した通りでした。
ジョージ・チャキリスがバーッと踊り出した瞬間から鳥肌たっちゃって。
昔みた時は、カトリーヌ・ドヌーヴの可愛さとあのビジュアルが
印象的だったんですが、あらためてフランソワーズが素敵ですね。
この後亡くなってしまったフランソワーズの事を考えると
この映画の中の彼女の可憐さがこうして映像として残っている事が、
すごく貴重に思えます。
もちろん、生きている人に関してもその瞬間のきらめきはその時だけのものだから
よけいにいとおしく思えるんですけどね。
ミシェル・ピッコリもまだ若いのに、オヤジオーラ出してます。
ジャック・ペランに関しては、金髪じゃない方が良かったかなぁ。

やっぱりミシェル・ルグランの曲がね、いいですよね、良すぎる位。
サントラ買おうか考え中。

ロシュフォールの恋人たち リマスター完全版ロシュフォールの恋人たち リマスター完全版
(2007/04/18)
ミシェル・ルグランジャック・ルヴォー

商品詳細を見る

音楽だけじゃなく、ノーテンキなお話も結構好き。
すれ違いを描きながらちょっとヤキモキさせたり、絡み合った糸がほぐれていく
感じのストーリーは意外(?)にもよく出来てると個人的には思います。
ほんとに幸せな127分やったなぁ。ヾ(〃▽〃)ノ

同じくジャック・ドゥミ監督・ミシェル・ルグラン作曲の作品で、
カトリーヌ・ドヌーヴとジャック・ペランが共演している
「ロバの女王」こちらも素晴らしいです。
DVD欲しい!

テアトル梅田にて鑑賞。