ゆるり鑑賞 Yururi Kansho

映画や海外ドラマ、たまに本の感想を基本ネタバレで

1月第4週・第5週から公開(大阪市内)の映画で気になるのは

「イントゥ・ザ・スカイ」実に頼もしい主人公の女性は、架空の人物らしい(エディ演じる気象学者は実在)なるほど、それもあってリアリティがないのかーけど、フェリシティ・ジョーンズのアクション、役への創り込みは素晴らしいし、大きな空に包み込まれる…

さよならテレビ 〜嘘つくドキュメンタリー〜

安倍政権下の今、「権力の客観的な監視役」という役割を、ほとんどのマスコミは放棄している。 現政権をヨイショする新聞もだけど、テレビだけで情報を受け取っている人は、今の時代の怖ろしさに気が付いていないのかもしれない。とうか、無意識に見たくない…

1月第2週・第3週から公開(大阪市内)の映画で気になるのは

「長くつ下のピッピ」や「やかまし村の子どもたち」など世界中から愛される児童文学作家の若かりし頃は、自由奔放なだけに苦難に満ちている。致命的な失敗をしてしまった彼女だけど、その溢れんばかりのエネルギーと才能、意志の強さには羨望心を抱きます。…

「裁かるるジャンヌ」〜タイムリーな映画〜

「ゴーモン 珠玉のフランス映画史」公式サイト:http://gaumont-movie-2019.com/ 監督:カール・テオドール・ドライエル脚本:カール・テオドール・ドライエル、ジョゼフ・デルテーユ撮影:ルドルフ・マテ1928年製作/80分/フランス原題:LA PASSION DE JEA…

2019年、印象に残った映画のこと

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。 さっそくですが、備忘録をかねて昨年に見た映画について記しておきたいと思います。家族の理解と協力もあり、128本の作品と出逢うことができました。その中から、順位などはつけず特に印…

12月第4週・1月第1週から公開(大阪市内)の映画で気になるのは

「ゴーモン 珠玉のフランス映画史」は、シネ・リーブル梅田にて上映中です。 先日観た「鱒」(1982年)はものすごいジャポニスム映画で、大屋政子さんもちらり出演してた。 若かりしイザベル・ユペールの小悪魔っぷりが小気味いい。対する男たちは薄汚く欲に…

「シュヴァルの理想宮」〜なぜかノスタルジィ〜

公式サイト:https://cheval-movie.com/ 監督:ニルス・タベルニエ脚本:ファニー・デマール、ニルス・タベルニエ、ロラン・ベルトーニ製作: アレクサンドラ・フェシュネル、フランク・ミルサン2018年製作/105分/フランス原題:L'Incroyable histoire du …

12月第2週・第3週から公開(大阪市内)の映画で気になるのは

「台湾、街かどの人形劇」 台湾の人間国宝で布袋戯の人形遣い・陳錫煌(チェン・シーホァン)さんを追ったドキュメンタリー。チェンさんの手の動きも素晴らしいけど、その顔、表情がとてもいいんだなー。台湾の下町っぽい通りとそこに住む老爺達を見てるだけ…

「読まれなかった小説」〜多面的な存在〜

公式サイト:http://www.bitters.co.jp/shousetsu/ 監督:ヌリ・ビルゲ・ジェイラン脚本:ヌリ・ビルゲ・ジェイラン、アキン・アクス、エブル・ジェイラン製作:ゼイネプ・オズバトゥール・アタカン2018年/189分//トルコ・フランス・ドイツ・ブルガリア・…

11月第5週・12月第1週から公開(大阪市内)の映画で気になるのは

朝の光と紅葉が綺麗で、少しだけホッとする通勤路。秋もぐっと深まってきました。 11月第5週・12月第1週から大阪市内で公開される映画、その中から気になる作品をピックアップします。

「わたしは光をにぎっている」〜しゃんとする〜

公式サイト:https://phantom-film.com/watashi_hikari/ 監督:中川龍太郎脚本: 中川龍太郎・末木はるみ・佐近圭太郎脚本協力:石井将・角屋拓海96分/2019年/日本 ※ネタバレを含みます 【物 語】亡き両親に代わって育ててくれた祖母・久仁子の入院を機に…

「i ー新聞記者ドキュメントー」〜知る義務〜

公式サイト:https://i-shimbunkisha.jp/ 監督・森達也企画・製作:河村光庸音楽:MARTIN113分/2019年/日本 ※ネタバレを含みます 【イントロダクション】権力とメディアの“たった今”を描いた衝撃の問題作『新聞記者』と同じプロデューサーが、私たちが生き…

11月第3週・第4週から公開(大阪市内)の映画で気になるのは

たっぷりとした花弁の気品ある姿とダマスクの芳醇な香りシャルトルーズ・ドゥ・パルム(10月30日/中之島バラ園) この秋は、たくさんの素晴らしい薔薇と出会えました。薔薇の季節が終わると、ちょっと切ない気分です。 さて、今週末と来週末より大阪市内で…

「タレンタイム」〜忘れがたい映画〜

公式サイト:http://moviola.jp/talentime/ 監督・脚本:ヤスミン・アフマド撮影:キョン・ロウ音楽:ピート・テオ115分/2009年/マレーシア原題:Talentime ※ネタバレを含みます 【イントロダクション】2009年7月25日、51歳の若さで亡くなったマレーシアの…

11月第1週・第2週から公開(大阪市内)の映画で気になるのは

中之島バラ園 万博記念公園と同様、こちらもウェーヴした花びらやまん丸な形など、最近人気の進化した薔薇も多くなってきた気がします。今回一番強く香りを感じたのは、日本の薔薇「みさき」 シャロー&カップ咲きで、花弁がタップリでクラシックな雰囲気、…

10月第3週・第4週から公開(大阪市内)の映画で気になるのは

「ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん」主人公がチャーミング、彼女の冒険を応援する気持ちで見てたシンプルな絵だけどセンスが良くてずっと見てられる感じがちゃがちゃしてないのがいいナ日本のアニメみたいに細かい所まで描き込んでるのも時にはいいけ…

10月第1週・第2週から公開(大阪市内)の映画で気になるのは

戦場記者メリー・コルビンの半生をロザムンド・パイク主演で。 「ホテル・ムンバイ」の後にコレは連続できつかった。現実は映画以上にどこまでも厳しい、その事ばかり考えてしまう。 「おやすみなさいを言いたくて」(2013年)のように、家族(子供)からの…

「おしえて!ドクター・ルース」〜“ノーマル”なんてない〜

公式サイト:https://longride.jp/drruth/ 監督・製作ライアン・ホワイト100分/2019年/アメリカ原題:ASK DR. RUTH ※ネタバレを含みます 【イントロダクション】1981年ニューヨーク。日曜深夜、ラジオから流れるトーク番組「セクシャリー・スピーキング」…

9月第3週・第4週から公開(大阪市内)の映画で気になるのは

大阪市内もやっと涼しくなってきました。ハイビスカスも、もう見納めかな。 今週末&来週末より大阪市内で上映される映画の中から、気になる作品をピックアップします。

「サタンタンゴ」〜ストーリーテリングじゃない〜

公式サイト:http://www.bitters.co.jp/satantango/ 監督・脚本:タル・ベーラ原作・脚本:クラスナホルカイ・ラースロー撮影監督:メドヴィジ・ガーボル音楽:ヴィーグ・ミハーイ編集・共同監督:フラニツキー・アーグネシュ438分/1994年/ハンガリー・ド…

9月第1週・第2週から公開(大阪市内)の映画で気になるのは

トールキン好きとしては興味津々、英国男子の青春モノが好きな人にもオススメ。第一次世界大戦の悲惨さを、避けては語れない時代。ディテールはフィクションであっても、友人達とのワクワクした時間や、悲惨なソンムの戦いも、トールキンの発想の源になって…

「ガーンジー島の読書会の秘密」〜ラブストーリーの王道〜

公式サイト:http://dokushokai-movie.com/ 監督:マイク・ニューウェル脚本:ドン・ルース、ケヴィン・フッド、トーマス・ベズーチャ原作:メアリー・アン・シェイファー、アニー・バロウズ衣装デザイン:シャーロット・ウォルター124分/2018年/フランス…

「ロケットマン」〜ファンタジー色がチャーミングなミュージカル〜

公式サイト:https://rocketman.jp/ 監督:デクスター・フレッチャー脚本:リー・ホール製作:マシュー・ボーン、デビッド・ファーニッシュ、アダム・ボーリング、デビッド・リード製作総指揮:エルトン・ジョン、クローディア・ボーン、ブライアン・オリバ…

8月第4週・第5週から公開(大阪市内)の映画で気になるのは

今日から「ロケットマン」に「ドッグマン」、明日からミッシェル・オスロ監督のアニメーションと見逃せない新作ばかりです また、来週末からは話題のタランティーノの新作が公開! 他にも色々、気になる映画をピックアップします

「トム・オブ・フィンランド」〜今いる場所だけが世界じゃない〜

公式サイト:http://www.magichour.co.jp/tomoffinland/ 監督:ドメ・カルコスキ脚本:アレクシ・バルディ撮影:ラッセ・フランク116分/2017年/フィンランド・スウェーデン・デンマーク・ドイツ・アメリカ原題:Tom of Finland ※ネタバレを含みます 【スト…

「存在のない子供たち」〜記憶に刻まれた子供たち〜

公式サイト:http://sonzai-movie.jp/ 監督・脚本: ナディーン・ラバキー125分/2018年/フランス、レバノン原題:Capharnaüm ※ネタバレを含みます 【ストーリー】わずか12歳で、裁判を起こしたゼイン。訴えた相手は、自分の両親だ。裁判長から、「何の罪で…

8月第2週・第3週から公開(大阪市内)の映画で気になるのは

トレーラーを見ただけでワクワクが止まらない! 大好きなミッシェル・オスロ監督でベル・エポック期のパリが舞台って、めちゃくちゃ期待してしまう。「ディリリとパリの時間旅行」は8/24(土) 〜 からの上映で、もうちょっと先です、待ち遠しい! さて、今週…

7月第4週・8月第1週から公開(大阪市内)の映画で気になるのは

新海誠、監督・脚本・原作の「天気の子」 「君の名は。」のようなエンターテインメント性はなかったけれど、背景のヴィジュアルには圧倒されるような美しさが「千と千尋の神隠し」の千がハクと手をつないで空を舞うシーン、そんな高揚感はなかったなぁ主人公…

「ゴールデン・リバー」〜狂気と癒し〜

公式サイト:https://gaga.ne.jp/goldenriver/ 監督:ジャック・オーディアール 脚本:ジャック・オーディアール、トマ・ビデガン原作:パトリック・デウィット122分/2018年/フランス、スペイン、ルーマニア、ベルギー、アメリカ原題:THE SISTERS BROTHER…

7月第2週・第3週から公開(大阪市内)の映画で気になるのは

肉体的にも精神的にも、見ていて痛い映画だった。バレリーナの主人公が繊細で、悩みを一人抱え込んでしまう様に胸が痛くなる。残酷で意地悪な女の子達も登場するけど、あくまでも淡々とした作品のタッチは変わらない。それにしても、弟の可愛さは反則だわ! …