ゆるり鑑賞 Yururi Kansho

映画や海外ドラマ、たまに本の感想を基本ネタバレで

7月3日からの2週間、公開(大阪市内)される映画で気になるのは

「ハニーランド 永遠の谷」Honeyland ギリシャの北に位置する北マケドニアで作られた驚異のドキュメンタリー 素晴らしい記録映像だが、本当にドキュメンタリーなの?と正直疑ってしまうほど。3年の歳月と400時間以上にわたる撮影記録を、90分足らずにまとめ…

「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」〜楽しい時間を映画館で!今オススメしたい作品〜

公式サイト:https://www.storyofmylife.jp/ 監督・脚本:グレタ・ガーウィグ原作:ルイザ・メイ・オルコット製作:エイミー・パスカル、デニース・ディ・ノビ、ロビン・スウィコード音楽:アレクサンドル・デスプラ撮影:ヨリック・ル・ソー美術:ジェス・…

6月19日からの2週間、公開(大阪市内)される映画で気になるのは

最近見た、二つのボーイズストーリー めっちゃ好みだったのが「恐竜が教えてくれたこと」 「ひと夏」の出逢いと別れ、感受性の強い男の子とちょっとわがままで生意気な女の子とその母親のキャラもサイコー!ちょっと最後が綺麗にまとまり過ぎっぽいけど、少…

6月5日からの2週間で公開(大阪市内)されてる映画で気になるのは

ローズファームケイジの和薔薇、その12「ひな」淡いアプリコットで、少女漫画の背景に描かれてそうな巻き巻きの形。 8日目になり、さすがに他の子達が耐えきれなくなっても、この薔薇の美しさが変わらないのに驚き!そして、いい香りを放ってくれている。 …

「ビッグ・リトル・ファーム」〜再生的農法は地球を救うのか?!〜

公式サイト:http://synca.jp/biglittle/ 製作・監督・脚本・撮影監督:ジョン・チェスター製作:サンドラ・キーツ製作総指揮:ローリー・デヴィッド、エリカ・メッサー脚本:マーク・モンロー2018年製作/91分/アメリカ原題:The Biggest Little Farm ※ネ…

5月22日からの2週間で公開(大阪市内)されてる映画で気になるのは

朝起きて、咲いている花を見たときの幸せな気分、そして、緑は心おだやかにしてくれます植物は、気分を上げてくれる小さな贅沢だなぁ 昨日と今朝の変化が楽しいより開花して、花びらが淡い色に 今回は、新しく公開(大阪市内で)された映画と共に緊急事態宣…

映画館へ行かず、何しよう

お題「#おうち時間」 紫陽花とグリーンのスワッグ 3月25日に第七藝術劇場で「プリズン・サークル」を観て以来、映画館に足を運んでいません。家で映画を見ることも、ほぼありませんでした。 私は映画が好きというより、映画館に行って映画を見るのが好きなん…

(見に行けないけど)4月第1週・第2週から公開(大阪市内)の映画で気になるのは

菜の花の黄色に元気づけられます。 皆うすうす検査不足と感じていた、日本のコロナ対策。ここにきて、いよいよ深刻さが増してきましたね。 私は先月末から映画館に足を運んでいません。日頃お世話になっている劇場に協力したい気持ちはあれど、もし自分が感…

「レ・ミゼラブル」〜声を上げよう!〜

公式サイト:http://lesmiserables-movie.com/ 2019年製作/104分/フランス原題:Les miserables ※ネタバレを含みます 【物 語】パリ郊外に位置するモンフェルメイユ。ヴィクトル・ユゴーの小説「レ・ミゼラブル」の舞台でもあるこの街は、いまや移民や低所…

3月第3週・第4週から公開(大阪市内)の映画で気になるのは

「ジョン・F・ドノヴァンの死と生」母と子の愛憎、同性愛の葛藤と孤独などドラン監督らしいテーマで、二人の人生がパラレルに描かれる前作「たかが世界の終わり」は置いてきぼりな感じでピンとこなかったけど、今作は普通に良かった何よりジェイコブくんが、…

3月第1週・第2週から公開(大阪市内)の映画で気になるのは

「ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ」 ビー・ガンの映画を見ると、一種独特の不思議な感覚に陥る。現実と夢の境目が曖昧になり、旅に出たような気持ちにも。個人的には前作「凱里ブルース」ほどの衝撃はなかったけど。3D版を体験したらまた少し違っ…

2月第3週・第4週から公開(大阪市内)の映画で気になるのは

水耕栽培のムスカリとミニチューリップ、花が咲くまであと2〜3週間かかりそう待ち遠しいです 大変遅くなりましたが2月第3週・第4週から大阪市内で公開される映画、その中から気になる作品をピックアップします

2月第1週・第2週から公開(大阪市内)の映画で気になるのは

「アニエスによるヴァルダ」は、アニエスが残してくれた遺産のような映画 ひらめきと創造、そして何より「共有」というのが素敵。映画はもちろん、映像やアートが好きな人なら、めちゃくちゃ興味深い内容だと思う。 それにしても、本当にチャーミングな人だ…

「ジョジョ・ラビット」〜心震える音楽の力〜

公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/jojorabbit/ 監督・極本:タイカ・ワイティティ製作:カーシュー・ニール、タイカ・ワイティティ、チェルシー・ウィンスタンリー製作総指揮:ケビン・バン・トンプソン原作:クリスティン・ルーネンズ 2019年製作/…

1月第4週・第5週から公開(大阪市内)の映画で気になるのは

「イントゥ・ザ・スカイ」実に頼もしい主人公の女性は、架空の人物らしい(エディ演じる気象学者は実在)なるほど、それもあってリアリティがないのかーけど、フェリシティ・ジョーンズのアクション、役への創り込みは素晴らしいし、大きな空に包み込まれる…

さよならテレビ 〜嘘つくドキュメンタリー〜

安倍政権下の今、「権力の客観的な監視役」という役割を、ほとんどのマスコミは放棄している。 現政権をヨイショする新聞もだけど、テレビだけで情報を受け取っている人は、今の時代の怖ろしさに気が付いていないのかもしれない。とうか、無意識に見たくない…

1月第2週・第3週から公開(大阪市内)の映画で気になるのは

「長くつ下のピッピ」や「やかまし村の子どもたち」など世界中から愛される児童文学作家の若かりし頃は、自由奔放なだけに苦難に満ちている。致命的な失敗をしてしまった彼女だけど、その溢れんばかりのエネルギーと才能、意志の強さには羨望心を抱きます。…

「裁かるるジャンヌ」〜タイムリーな映画〜

「ゴーモン 珠玉のフランス映画史」公式サイト:http://gaumont-movie-2019.com/ 監督:カール・テオドール・ドライエル脚本:カール・テオドール・ドライエル、ジョゼフ・デルテーユ撮影:ルドルフ・マテ1928年製作/80分/フランス原題:LA PASSION DE JEA…

2019年、印象に残った映画のこと

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。 さっそくですが、備忘録をかねて昨年に見た映画について記しておきたいと思います。家族の理解と協力もあり、128本の作品と出逢うことができました。その中から、順位などはつけず特に印…

12月第4週・1月第1週から公開(大阪市内)の映画で気になるのは

「ゴーモン 珠玉のフランス映画史」は、シネ・リーブル梅田にて上映中です。 先日観た「鱒」(1982年)はものすごいジャポニスム映画で、大屋政子さんもちらり出演してた。 若かりしイザベル・ユペールの小悪魔っぷりが小気味いい。対する男たちは薄汚く欲に…

「シュヴァルの理想宮」〜なぜかノスタルジィ〜

公式サイト:https://cheval-movie.com/ 監督:ニルス・タベルニエ脚本:ファニー・デマール、ニルス・タベルニエ、ロラン・ベルトーニ製作: アレクサンドラ・フェシュネル、フランク・ミルサン2018年製作/105分/フランス原題:L'Incroyable histoire du …

12月第2週・第3週から公開(大阪市内)の映画で気になるのは

「台湾、街かどの人形劇」 台湾の人間国宝で布袋戯の人形遣い・陳錫煌(チェン・シーホァン)さんを追ったドキュメンタリー。チェンさんの手の動きも素晴らしいけど、その顔、表情がとてもいいんだなー。台湾の下町っぽい通りとそこに住む老爺達を見てるだけ…

「読まれなかった小説」〜多面的な存在〜

公式サイト:http://www.bitters.co.jp/shousetsu/ 監督:ヌリ・ビルゲ・ジェイラン脚本:ヌリ・ビルゲ・ジェイラン、アキン・アクス、エブル・ジェイラン製作:ゼイネプ・オズバトゥール・アタカン2018年/189分//トルコ・フランス・ドイツ・ブルガリア・…

11月第5週・12月第1週から公開(大阪市内)の映画で気になるのは

朝の光と紅葉が綺麗で、少しだけホッとする通勤路。秋もぐっと深まってきました。 11月第5週・12月第1週から大阪市内で公開される映画、その中から気になる作品をピックアップします。

「わたしは光をにぎっている」〜しゃんとする〜

公式サイト:https://phantom-film.com/watashi_hikari/ 監督:中川龍太郎脚本: 中川龍太郎・末木はるみ・佐近圭太郎脚本協力:石井将・角屋拓海96分/2019年/日本 ※ネタバレを含みます 【物 語】亡き両親に代わって育ててくれた祖母・久仁子の入院を機に…

「i ー新聞記者ドキュメントー」〜知る義務〜

公式サイト:https://i-shimbunkisha.jp/ 監督・森達也企画・製作:河村光庸音楽:MARTIN113分/2019年/日本 ※ネタバレを含みます 【イントロダクション】権力とメディアの“たった今”を描いた衝撃の問題作『新聞記者』と同じプロデューサーが、私たちが生き…

11月第3週・第4週から公開(大阪市内)の映画で気になるのは

たっぷりとした花弁の気品ある姿とダマスクの芳醇な香りシャルトルーズ・ドゥ・パルム(10月30日/中之島バラ園) この秋は、たくさんの素晴らしい薔薇と出会えました。薔薇の季節が終わると、ちょっと切ない気分です。 さて、今週末と来週末より大阪市内で…

「タレンタイム」〜忘れがたい映画〜

公式サイト:http://moviola.jp/talentime/ 監督・脚本:ヤスミン・アフマド撮影:キョン・ロウ音楽:ピート・テオ115分/2009年/マレーシア原題:Talentime ※ネタバレを含みます 【イントロダクション】2009年7月25日、51歳の若さで亡くなったマレーシアの…

11月第1週・第2週から公開(大阪市内)の映画で気になるのは

中之島バラ園 万博記念公園と同様、こちらもウェーヴした花びらやまん丸な形など、最近人気の進化した薔薇も多くなってきた気がします。今回一番強く香りを感じたのは、日本の薔薇「みさき」 シャロー&カップ咲きで、花弁がタップリでクラシックな雰囲気、…

10月第3週・第4週から公開(大阪市内)の映画で気になるのは

「ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん」主人公がチャーミング、彼女の冒険を応援する気持ちで見てたシンプルな絵だけどセンスが良くてずっと見てられる感じがちゃがちゃしてないのがいいナ日本のアニメみたいに細かい所まで描き込んでるのも時にはいいけ…